11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の Air Do が新しい持株会社 Solaceet に合併ニュース

日本の国内線キャリア Air Do と SoulSeat Air は、2021 年 3 月に最初に発表された合併を完了しました。

共同声明によると、両航空会社はそれぞれのブランドを保持するが、Regional Plus Wings と呼ばれる新しい持株会社の下で運営される。

札幌を拠点とする Air Do と宮崎を拠点とする Solaseed は、メンテナンスや調達などの分野でコストを節約し、規模の経済を享受するために協力していると述べています。

また、合併の決定は、コロナウイルスのパンデミックの2年目に行われ、その間、旅行制限が日本の国内航空旅行に影響を与えました。

日本がパンデミックから脱却したとしても、円安と燃料費の上昇が航空会社に重くのしかかっています。

合併により、エア・トウ会長の草野進氏がリージョナルウイングス・プラス会長に、ソラシート会長の高橋康介氏が持株会社の最高経営責任者(CEO)に就任する。

Regional Plus Wings は、東京の羽田空港に本社を置きます。

「新たな事業環境を生き残り、顧客に付加価値を提供し、持続的成長を実現するためには、両社の経営資源(人材、技術、設備等)を効率的に活用することが最善である」草野・高橋共著意見。

リージョナルプラス ソラシート

AirDow の保有機材には、平均使用年数 15.4 のボーイング 737-700 8 機と、平均使用年数 19.3 の 767-300ER 4 機が含まれます。

Solaceet の保有機は 14 機の 737-800 で構成され、平均使用年数は 9.2 年です。

READ  ロボットはもうあなたの傍に(普及率がすごい)