11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の 9 月の消費者物価指数は、日銀の目標を前倒しして 6 か月連続で 8 年ぶりの高水準に達しました

世論調査によると、今年の急激な円安が輸入コストを押し上げたため、来週9月の貿易赤字は150億ドルに拡大するとの報告もある。

今週、日本の通貨は米ドルに対して 32 年ぶりの安値まで一時的に下落しました。

エコノミストによると、変動の激しい生鮮食品価格を除外し、エネルギーを含む全米のコア消費者物価指数 (CPI) は、9 月に前年比で 3.0% 上昇しました。

みずほリサーチ&テクノロジーのアナリスト、南陸人氏は「菓子や惣菜など食品価格の上昇が背景にある。

この増加は、2014 年 9 月以来の最速の上昇となるでしょう。 この予測は、コア CPI が 6 か月連続で中央銀行の 2% のインフレ目標を上回ることを強く示唆していました。

日銀は次回の政策決定会合を10月27~28日に開催する。 短期金利目標を-0.1%に設定し、10年物国債利回りを0%に導くというコミットメントを維持している。

黒田東彦総裁は、インフレのコスト押し上げは一時的なものであるため、日銀の刺激策をそのまま維持することを繰り返し誓いました。

別のデータによると、日本の9月の貿易赤字は、輸入コストの上昇により2兆1670億円(147億ドル)に上った。

8月の2兆8170億円に続き、14カ月連続の赤字となる。 調査によると、9 月の輸入額は 45.0% 増加し、輸出額の 27.1% 増加を上回りました。

政府は、消費者物価データを 10 月 21 日午前 8 時 30 分 (2330 年 10 月 20 日 GMT) に、貿易収支データを 10 月 20 日午前 8 時 50 分 (2350 年 10 月 19 日 GMT) に発表します。

(1ドル=147.4000円)

(Daniel Lussink による報告、Kim Coghill による編集)

READ  著名な日本人監督による紹介作品と最近の映画