1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の%アラビカは、2023年にフィリピンで再発売されます

ブティック コーヒー グループは、12 か月間の市場からの撤退の後、フィリピンでの営業を再開すると述べており、今年後半にボニファシオ グローバル シティに 2 店舗をオープンする予定です。

% アラビカは現在、19 か国で 140 店舗を運営しています。 写真提供者: ジャン・ローズ・ゴメス


%Arabica は、マニラのボニファシオ グローバル シティ金融ビジネス地区に 2 店舗を構え、今年フィリピンでの再販を発表しました。

現在、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムで 18 の店舗を運営しており、これらの店舗によりアラビカの東南アジアでのプレゼンスが % 増加します。

京都を拠点とするブティック コーヒー グループは、2018 年 1 月にボニファシオ グローバル シティに店舗を構え、フィリピン ブランドのコーヒー ショップ市場に初めて参入しました。

しかし、同社はフィリピンを拠点とするフランチャイズ パートナーとの契約を終了した後、2022 年 1 月に国内の 3 店舗を閉鎖しました。

マニラのアウトレットのオープン日は共有されていませんが、ブティックコーヒーはチェーンの国際的拡大の期間を再開します.

%Arabica は現在、19 か国で 140 店舗を運営しています。 フィリピンに加えて、このコーヒー チェーンは、今後 12 ~ 18 か月以内にベトナム、スペイン、メキシコ、ハンガリーでもサービスを開始する予定です。

さらに、同社は今後数年間で、エジプト、フランス、インド、イタリア、ヨルダン、トルコを含む 10 か国で %Arabica ウェブサイトを立ち上げる予定です。

READ  日本は「猛烈な」台風Hinnamに対する警告を発する