6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の高齢者を殺しますか? カンヌ映画はクールなアイデアを探求します

ポストする: かわった:

カンヌ(フランス)(AFP)- 日本の映画製作者は、急速に高齢化する人口の課題に対処するために高齢者を安楽死させることに同意した彼の国の彼のジストピアの見方でカンヌの映画の観客を揺さぶる。

日本の監督兼作家C早川による「プラン75」は、現実の問題に基づいています。

日本は急速に高齢化する産業社会であり、若者の数が減少する傾向にあるため、高齢者の増加する軍隊を支援する傾向があり、大きな経済的および政治的問題を引き起こしています。

日本の人口の30%は65歳以上であり、その大部分は女性であり、その割合は今後数十年にわたって上昇し続けると予想されています。

この映画では、75歳以上の人は誰でも、安楽死を行うことに同意するために政府との契約に署名することが奨励されています。 共同葬儀は無料で行われます。

スムーズな広告キャンペーンと静かな声からの電話は、人々を登録させる努力の一部です。 美しいアドバイザーは、候補者がお金で買うことができる小さな喜びをリストします。 「あなたはレストランに行くことができます」と1人は言います。

「政府の計画75は、一見、善意と友情と実用主義に満ちているが、実際には非常に残酷で恥ずべきことだ」と早川氏はAFPに語った。

「人口年齢は最近の問題ではなく、私はいつも人々がそれについて議論しているのを聞いています」と彼は言いました。

「私が若い頃、長寿は良いことだと考えられ、人々は高齢者を尊敬していました。もはやそうではありません」と45歳の監督は付け加えました。

「冷たくて恐ろしい」

早川初のフルレングス映画「プロジェクト75」は、カメラの動きを最小限に抑えたスローシーンでいっぱいでした。

「私は写真を美しく、美しく、そしてクールで残忍なものにしたかったのです」と彼は言いました。

早川は、今日の日本の現実にどれだけ近いかと聞かれると、すぐに「10点中8点」と答えた。

彼は、映画の研究の一環として先輩にインタビューしたところ、多くの人が自分たちの人生を終わらせたいという願望を持って金銭的保証を購入する意図で適格であることがわかったと述べた。

「それは彼らが一人でいるときにどうやって生き残ることができるかについて考えるストレスを減らすでしょう。彼らの死の瞬間と方法を選ぶことは非常に心強いです」と彼は言いました。

彼は、このアプローチは若い世代の間でも支持を得るだろうと述べた。

「もしそのような計画が今日テーブルにあるなら、私は多くの人がそれを受け入れ、実行可能な解決策としてそれを歓迎することさえ望んでいる」と彼は言った。

「ほとんどの若者は、自分たちの生活がどのように終わるかについてすでに心配しています。彼らの基本的なニーズは満たされますか?彼らは一人で暮らすときに一人で生きることができますか?彼らは年齢に対処できますか?」 彼女は言いました。

早川氏は、政府を非難する代わりに、多くの若者が高齢者にうんざりしていると述べた。

「彼らは高齢者を支援するために一生懸命働いているので、彼らは欲求不満で怒っていますが、彼らの番になると、彼らは彼らを支援する人がいないと思います」と彼は言いました。

「私が最も心配しているのは、私たちが社会的現実にあり、そのような根本的な解決策を非常に支持していることです」と彼は言いました。 怖いです。

早川氏は、自分の映画が年齢危機の解決策になるとは考えていないと述べた。 「しかし、私たちが今日どこにいるのかを正直に評価することは、すでに重要なステップです」と彼は言いました。

READ  オーストラリアの不動産価格はGDPで日本の1989年の住宅地を上回った