9月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の馬場早紀、カナダのモネ・チュンが全米女子アマチュアゴルフ決勝に進出

ユニバーシティ プレイス、ワシントン州 — 土曜日、チェンバーズ ベイで日本の馬場咲がアメリカのベイリー シューマッハを 7 対 6 で破り、米国女子アマチュア ゴルフ決勝に進出した。

17 歳のババは、日曜日の 36 ホール決勝で、ミシガン州の新進気鋭のジュニアである 21 歳のカナダ人モネ・チュンと対戦する。

ババは最初の 7 ホールのうち 5 ホールで優勝し、18 フィートのバーディーを記録しました。 彼は10番ホールで6ホールのリードを築いた。

ずっと「勝てる、勝てる」と思っていました。

彼女の最初の USGA チャンピオンシップに出場したチュンは、アイルランドの UCLA プレーヤー アナベル ウィルソンを 2 対 1 で破りました。

「正直、すごい」とチュンは言った。 「今週に入ると、この場所にいるとは想像もできませんでした。本当にうれしいです」と彼は言いました。

馬場は、1985 年のピッツバーグのフォックス チャペルでの服部美智子に続いて、大会史上 2 人目の日本人優勝者になろうとしています。 キャシー・シャークは、1978 年にペンシルベニア州で開催されたプリマス大会でサニーブルックでタイトルを獲得した唯一のカナダ人チャンピオンです。

馬場は、パインニードルズで開催された全米女子オープンで 49 位タイに終わった 4 人のアマチュア選手の 1 人でした。 彼女はメダリストを共有し、クラブ アット オールド ストーンの米国女子ジュニアで 32 ラウンドに到達しました。

チュンは7月23日にカナダ女子アマチュアで優勝し、CP女子オープンの出場権を獲得しました。 彼は、メダリストの栄誉を獲得しながら、ミシガンを 4 月の最初のビッグ テン チャンピオンシップに導きました。

17 歳のシューマッハは、フロリダ州デイドシティ出身です。 彼は、2023 年秋に USC に出席することを口頭で約束しました。

READ  日本は韓国の月の屈辱の中で旅行をキャンセルします| オリンピックニュース