12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首都の消費者物価は 2014 年以来最も速いペースで上昇している

東京 – 全国的なインフレの先行指標である日本の資本コア消費者物価は、9 月に前年比 2.8% 上昇し、中央銀行の目標である 2% を 4 か月連続で上回った後、2014 年以来最大の上昇を記録した。

このデータは、全国のコア消費者インフレ率が今後数か月で 3% に近づくという市場の期待を補強し、最近のコスト プラス価格の上昇が一時的なものになるという日銀の見解に疑問を投げかけています。

石油製品を含み、生鮮食品の価格を除く東京のコア消費者物価指数(CPI)は、平均的な市場予測に沿っており、8 月に 2.6% 上昇しました。 これは、2014 年 6 月の 2.8% の上昇に匹敵します。

電気代やチョコレートから寿司やホテルの請求書まで、幅広い商品やサービスの価格が上昇し、火曜日のデータは、より多くの企業が商品コストの上昇を家計に転嫁していることを示しています。

農林中央金庫のチーフエコノミスト、南剛氏は「データは物価上昇が拡大していることを示している。コア消費者インフレ率は10月に3%を超えると予想されている」と述べた。

「エネルギーコストと、消費者がこれ以上の値上げを吸収できなくなる可能性により、来年はインフレが徐々に緩和する可能性が高い」と述べた。

このデータは、日銀が 10 月 27 ~ 28 日に開催される次回の政策決定会合で新たな四半期ごとの成長率とインフレ率の予測を策定する際に検討する重要な要素の 1 つとなるでしょう。 9 月の全国 CPI データは 10 月 21 日に発表されます。

日銀の黒田東彦総裁は、最近のインフレ率の上昇にもかかわらず、政策を非常に緩和し続けることを誓った.

しかし、先月、物価上昇の兆候を示す日銀の一部の政策担当者は、インフレ率が予想を上回る可能性があると警告し、黒田総裁が超低金利を正当化する上で直面している課題を浮き彫りにしました。

上昇するインフレに対処するために中央銀行が金利を引き上げる波の中で、日銀のハト派的なスタンスは、円を 24 年ぶりの安値に押し上げ、すでに高価な燃料と原材料の輸入コストを引き上げました。

インフレが彼の人気に打撃を与えているため、岸田文夫首相は火曜日、生活費の上昇による打撃を和らげるために支出パッケージをまとめると約束した.

しかし、アナリストは、政府が財政支出で高インフレによる痛みを相殺できるとは考えていません。

第一生命経済研究所(東京)のチーフエコノミスト、熊野秀夫氏は「別の大きな支出パッケージが需要を押し上げれば、日本は海外からより多くの商品を輸入するだろう。それは円安を加速させるだろう」と語った。

「インフレに対する日銀の現在のハト派的態度が岸田氏の支持率を下げ続ければ、インフレは悪化する可能性がある」と彼は述べた。

日銀が金利を非常に低く抑えている一方で、中央銀行が積極的な景気刺激策を静かに縮小していることを示す印として、紙幣印刷は減速しています。

日本のマネタリーベース、または経済で流通している金額は、9 月に 3.3% 減少し、2012 年 4 月以来初めて年間の減少を記録しました。

今回の下落は、2013 年に導入された黒田総裁の量的緩和プログラムの好転を示しています。このプログラムは、より多くの紙幣を発行することでインフレ率を 2% の目標に押し上げることが目的でした。

(取材:竹本好文、木原ライカ、編集:サム・ホームズ、エドモンド・クラマン)

READ  BTSのジミンは、日本のMZ世代の間で韓流を煽ったことで韓国のメディアに取り上げられました