7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首相は新年のスピーチで、2022年が「首脳会談」の年になると約束した。

日本の岸田文雄首相は、2021年12月21日、日本の東京で臨時会が閉会した際に、彼の公邸でメディアに語った。 須野義和/ロイター経由プール

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、1月1日(ロイター)-岸田文雄首相は土曜日、彼のウェブサイトに掲載された新年の決議によると、彼の外交政策の取り組みを再考し、2022年を外交の年にすることを約束した。

岸田文雄氏は、「私たちを取り巻く国際環境はますます困難になり、複雑化する中、外交や安全保障の問題に効果的に対処し、安定した行政を確立することが重要だ」と述べた。

彼はグローバリゼーションに焦点を当てる必要性を強調し、彼が「新時代のリアリズムの外交」と呼ぶものをめぐる危機により、今ではさらに重要であると述べた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

岸田文雄元外相は10月に就任し、外交力を誇っており、ジョー・バイデン米大統領と、まもなく首脳会談を開くことを望んでいると語った。

しかし、岸田文雄が当初望んでいたように、大規模な社会的法案を可決するための米国政府による努力は、2021年には実現しなかった。

岸田文雄は新年の報告書で、オミグランの変種が広がる中、日本はコビット19の流行を克服することを優先し、「新しいタイプの資本主義。」 国のために。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

村上さくらによる報告; キム・ゴキルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日銀は日本のゆっくりとしたインフレ刺激策を支持する