6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首相は、現在史上最高値にあるガソリン価格を緩和するための措置を講じると約束した

日本の首相は、現在史上最高値にあるガソリン価格を緩和するための措置を講じると約束した

日本の岸田文雄首相は水曜日、産業省のデータで平均小売価格が15週連続で上昇し、過去最高値を記録したことを受けて、国内のガソリン価格を確実に下げると誓った。

2023年8月30日、東京都内のガソリンスタンドの価格表示にはレギュラーガソリンが1リットルあたり186円と表示されている。 (京都)

岸田首相は記者団に対し、政府は価格上昇による悪影響を軽減するため新たな経済対策を講じるほか、9月末までに期限が切れる石油元売り業者への補助金制度の延長も求めると述べた。

月曜時点のレギュラーガソリンの平均価格は1リットル当たり185円60銭(1.3ドル)で、原油高と円安の影響を反映し、前週比1円90銭上昇し、比較可能なデータが入手可能となった1990年以降で最高値となった。

岸田氏はまた、世界的な一次産品価格の上昇を背景に経済が下振れリスクに直面しているため、日本のガソリン価格は10月末までに175円程度まで下落するとの見通しを示した。

岸田氏の指示を受けて、与党の自民党と連立与党の公明党は水曜日、石油元売りへの補助金と電気・ガスへの補助金を9月以降も延長することを提案した。

関係者によると、政府はこうした提言を踏まえ、燃料費高騰による家計や企業への影響を和らげるため、当面はガソリン価格を180円以下に抑える努力をする見通しだ。

2023 年 8 月 2 日、東京のガソリン スタンドで車のガソリンを満タンにする顧客。 (京都)

これには、サウジアラビアやロシアなどの主要生産国による最近の石油生産量の削減が含まれる。

経済産業省によると、これまでのガソリン平均小売価格の最高値は、世界第2位の経済大国となった中国の急速な経済成長でエネルギー需要が高まった2008年8月に記録した185.10円だった。 。

月曜日の高級ガソリンの全国平均小売価格は1リットル当たり196円50銭で、前週比1円90銭高、軽油は2円高の1リットル当たり165円10銭だった。 灯油は18リットルタンク当たり32円高の2,232円となった。

ロシアのウクライナ侵攻を前に原油価格が高騰する中、現行の政府補助金制度は価格高騰を抑制する目的で2022年1月に導入されたが、今年1月から制度が縮小された。


関連報道:

7月の日本の消費者物価は3.1%上昇し、家計に打撃を与えた

日本の6月のコアCPI上昇率3.3%が日銀への圧力を高める

日本は2023年度のインフレ見通しを日銀目標を上回る2.6%に引き上げた


READ  日本は中国への経済依存を懸念:レポート