1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首相は、今のところ2025年度の財政収支目標を変更する必要はないと考えている。


ファイル:2017年6月1日に撮影されたこのイラストは、日本円を特徴としています。 ロイター/トーマスホワイト/イラストレーション

田中哲司

東京(ロイター)-岸田文雄首相は金曜日、日本は2025年度の主要な財政収支目標を直ちに変更する必要はないが、オミグロンの変種を取り巻く不確実性を考慮して再検討する必要があるかもしれないと述べた。

政府は、2025年までに一次財政黒字を達成するという目標を設定しており、政策立案者が成長を刺激し、社会保障支出を抑制する努力を続ければ、「見通し」になる可能性があると述べています。

政府がこの目標を掲げているか放棄しているかにかかわらず、新しい債券の売却と債務返済の費用を除外することは、岸田文雄の金融改革への取り組みのリトマス試験として役立つでしょう。

金融タカとして長い間知られている岸田氏は、10月の就任以来、長期的な金融改革において、政府19の危機からの景気回復を優先してきました。

岸田文雄氏は、財政目標を検討したハイレベル経済諮問委員会の会合で、次のように述べた。

「しかし、コロナウイルスの影響などの不確実性を揺るがすことはできないので、国内外の経済情勢を注意深く監視しながら、以下のシナリオを(さらに)検討します。」

岸田文雄は、政府19の危機から回復するために経済を軌道に乗せるためにあらゆる可能な措置を講じ、流行に取り組むために財政支出を使うことを躊躇しないことを繰り返した。

岸田文雄氏は、日本が2026年度に一次財政黒字を達成できるとの政府の予測に従い、経済成長のためのバラ色の環境を前提として、赤字はより緩やかな10年にわたる回復の下で継続する可能性があると述べた。

年2回の財政見通しは、債務者政府が財政を規制する際の課題を浮き彫りにし、予想よりも高い税務予測に対して1年間の予算期限を前倒ししました。

エピデミックからのフォールアウトを計算するために改訂された財務予測が発表されたときに見直されるという警告を含め、最新の目標を繰り返した。

日本の公的債務は5兆ドルの経済の2倍以上であり、世界で3番目に大きな経済であり、数十年にわたる成長の回復を目的とした巨額の支出の結果として、産業界で最も債務の多い国となっています。

1990年代初頭の不動産バブル崩壊以来めったに見られなかったことの1つは、政府のRosierの状況は、実質ベースで2%、名目ベースで3%の年間成長率に基づいています。 最も控えめな、または根本的なシナリオは、実際の成長率が1%、名目上の成長率が1.5%です。

(田中哲司による報告、マーク・ポッターとキム・ゴギルによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本の産業ムードは3-1 / 2年上昇-ロイターダンカン