7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首相がマニラを訪問、中国の侵略拡大に直面して防衛関係強化へ

日本の首相がマニラを訪問、中国の侵略拡大に直面して防衛関係強化へ

マニラ、フィリピン(AP通信)-日本の首相は金曜日、2日間のフィリピン訪問を開始し、そこで防衛援助パッケージと今後の防衛協定交渉について発表し、大規模災害に直面した日本との同盟関係を強化する取り組みを発表する予定である。中国。 地域における危険な決断。

マニラのマラカニアン宮殿でのレッドカーペットレセプションの後、フェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領は日本の岸田文雄首相と、主に防衛関係を中心とした全体的な関係強化について会談する予定である。 フィリピン当局者らは、南シナ海における中国のますます攻撃的な行動が重要な議題になるだろうと述べた。

2週間前、中国船舶は個別に拿捕され、その後、係争中の南シナ海の第2トーマス礁付近でフィリピン沿岸警備隊の船および補給船と衝突した。 日本はただちにフィリピンへの強い支持を表明し、米国はフィリピン軍が係争海域で武力攻撃を受けた場合には条約同盟国を守る義務があると改めて警告した。

土曜日、岸田氏は日本の首相として初めてフィリピン議会の合同会議で演説し、第二次世界大戦中の日本の残忍なフィリピン占領以来、アジア諸国間の関係がどのように変化したかを強調する。

岸田氏は日本での出発演説で、フィリピンを含む東南アジア諸国に対する日本の外交政策を概説したと述べた。

「法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序が維持され、人間の尊厳が守られる世界へのコミットメントを再確認する」と述べた。

同氏は土曜日に日本の資金提供によるマニラトンネルプロジェクトを視察し、マレーシアに向かう前にフィリピンが現在南シナ海の領土権益を守るために多用している日本建造の海上保安庁巡視船十数隻のうちの1隻に乗船する予定だ。

フアン・ミゲル・ズビリ上院議長は「我々は強力な貿易パートナーであり、強力な安全保障パートナーであり、災害時の貸し手であり、フィリピンの進歩への投資家でもある国の指導者からの演説を楽しみにしている」と述べた。

岸田政権は12月、先の世界大戦以来の国防専守主義からの大幅な転換の一環として、反撃能力を含む防衛と安全保障を強化する計画を発表した。

新戦略の下では、日本は巨額の開発援助を活用して、フィリピンのような貧しい国の防衛力を強化し、海洋安全保障を改善するために、この地域に軍事基地を構築する中国の取り組みを支援することになる。

日本の当局者らによると、岸田氏は自国、米国、フィリピンを巻き込んだ三国間安全保障関係の構築を目指しているという。

こうした意図は、係争中の南シナ海で中国とフィリピンの沿岸警備隊と海軍艦艇の間で一連の緊迫した衝突が発生したことを受け、自国の対外防衛を強化しようとするマルコス・ジュニア氏の推進と一致している。

ジョー・バイデン大統領は、中国の主張に対抗するため、この地域における同盟関係を強化している。

岸田氏の訪問のハイライトは、地域の友好軍への日本の防衛援助の開始であり、フィリピンが最初の支援先となると日本政府関係者は述べたが、岸田氏のマニラ訪問については詳しくは述べなかった。 同当局者は外務省が定めた匿名の条件で語った。 新たな防衛支援は、先進兵器ではなく、日本製のレーダーやアンテナ、小型巡視船など非致死性の装備やインフラ整備などに活用される可能性がある。

岸田氏とマルコス氏は相互アクセス協定として知られる防衛条約の交渉を開始する合意を発表すると日本当局者は述べた。

このような防衛協定が締結されれば、日本とフィリピンの軍隊が相互に軍事演習や、南シナ海での共同哨戒などの地域侵略に対する抑止力となる安全保障措置のために相互に派遣されることが可能になる。

___

山口氏が東京から報告した。

著作権 2023 AP通信。 無断転載を禁じます。 このコンテンツを公開、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  日本にはイノシシと鹿の肉の自動販売機があり、ここはその肉で作るのに最適な料理です