3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首相、自動車メーカーにタイでのEV生産への投資を促す

日本の首相、自動車メーカーにタイでのEV生産への投資を促す

タイが東南アジアにおけるEV生産の拠点となることを目指している中、スレッタ・タビシン首相は日本の自動車メーカーに対し、タイでの電気自動車への投資を促した。

首相は現在、タイへの投資について日本の自動車メーカーや他の実業家らとタイ代表団を率いて協議している。 同氏は金曜日には日本の斉藤健経済産業大臣とも会談した。

タイ代表団は日本の自動車メーカー、トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、スズキ、日産、いすゞの代表者らと面会した。

ホンダ幹部との会談で首相は、内燃機関(ICE)車から電気自動車(EV)への政府の移行を説明し、ホンダに対しタイでのEV製造工場の建設を加速するよう求めた。

同氏はスズキに電動バイクの生産を説得したと述べ、大手トラックメーカーいすゞは今後5年間でタイに320億バーツを投資する計画だと述べた。

トヨタの幹部らと面会した首相は、トヨタ政府がEV利用の増加に対処するために全国に自動車充電施設を増設しているとトヨタに保証した。

一方、政府報道官のサイ・ワチャロンケ氏は本日、政府はタイをASEANのEV製造拠点とすると同時に、ICE車の最後の製造拠点としての地位を維持することに尽力していると述べた。

同氏は、投資委員会が年間約35万9,000台のEVを生産する390億バーツ相当のプロジェクトと、自動車部品を生産するプロジェクト350億バーツを承認したことを明らかにした。

今年の最初の 11 か月間で 69,000 台以上の EV が登録され、前年同期比 690% 増加し、タイは ASEAN で最も急速に成長する EV 市場となっています。

同氏は、政府はロボット開発や製造におけるコンピューターの統合、自動車バッテリーのリサイクルへの投資を促進するため、ICEトラックのEV化も推進していると述べた。

READ  東京近郊の自動車愛好家のための日本のミニマリストの宝石