5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の電動スクーター事故は規制緩和以来6倍に増加

日本の電動スクーター事故は規制緩和以来6倍に増加

電動スクーターが関係する月間平均事故件数は6倍に増加 日本 警察庁の最新データによると、同国は7月に運転免許証なしで車両を運転することを許可し始めた。

交通専門家らは、スクーター利用者の増加が死亡事故の危険性をもたらしており、この比較的新しい交通手段に関連する交通ルールに対する国民の認識が低いと警告している。

7月までの半年間に電動スクーターが関係する交通事故が85件発生し、86人が負傷した。 これは、2020年1月に比較可能なデータが入手可能になってから3年5カ月間に記録された事故の総数(事故88件、負傷者91件)とほぼ一致する。

改正道路交通法では、最高時速20キロの電動キックボードの利用者に運転免許は不要となるが、16歳未満の未成年者の運転は禁止される。

日本は「非常に懸念される」気温に見舞われ、暑い夏に警告

新しい規則では、電動スクーターは長さ190センチメートル以下、幅60センチメートル以下で、前後に緑色のライトが付いていることが義務付けられている。 これらは主に道路での使用を目的としていますが、緑のライトが点滅しながら時速 6 キロ以下の舗装道路でも使用できます。

大阪の繁華街ミナミで2月深夜に起きた事件では、警察はスクーターで歩道を違法にスピード違反したとして20歳の女性に罰金刑を科した。 女性は記者に対し、歩道走行に規制がかかるとは思わなかったと語った。

2月に日本の中部の名古屋でライダーが歩行者に衝突し重傷を負った事件が証明しているように、時速20kmを超えるスクーターには依然として免許が必要であることを知らないライダーもいる。

一方、東京の株式会社Luupによると、二輪車を利用する人の傾向は増加しているようだ。 電動自転車とスクーターの共有サービスを提供する同社のアプリの月間ダウンロード率は、以前と比べて 2 ~ 3 倍に増加しました。 関係者によると、規制緩和前。

03:07

'チョコレート? これが私の人生です」: 日本の味覚の魔術師がベルギーのチョコレートシーンを征服する

'チョコレート? これが私の人生です」: 日本の味覚の魔術師がベルギーのチョコレートシーンを征服する

ループは3月末までに10州にレンタルキオスクを設置した。

ウィーン工科大学交通研究所の上級研究員、柴山健氏は、特に若い利用者に対する交通教育の必要性を強調した。

柴山氏は「静かに走る車両は歩行者と衝突する危険があり、強く衝突すれば命にかかわることもある。交通法規を厳重に取り締まり、学校などでの交通教育の充実に着実に取り組むことが重要だ」と述べた。

以前は電動スクーターは排気量が50立方センチメートル未満の原付に分類され、運転免許証、ヘルメット、ナンバープレート付きの車両登録が必要だった。

新規制の対象となる車両は特定小型自動二輪車となる。

READ  Lenscardがアジアの眼鏡を製造するために日本のオンデーズを買収