4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の関西国際空港第1ターミナル – 航空会社が再開

日本の関西国際空港第1ターミナル – 航空会社が再開

ダラス – 関西国際空港 (KIX) は、新しく改装された国際線ターミナルを正式に再開しました。 空港によると、改修された国際線ターミナル(ターミナル1)は、空港を利用する国際線旅客の乗客体験を向上させることを目的に設計されているという。

改装されたターミナルでは、国際線旅客に対応できるよう表面積が拡大されました。 これらの改善により、空港での入国審査とセキュリティ処理も改善されます。 再設計された出発エリア、新しいウォークインショップ、場所感覚広場などは、乗客が楽しめる強化された体験の一部です。

リニューアルされた関西国際空港第1ターミナル 写真:VINCI AirportS

VINCI Concessions の CEO であり、KIX の運営を担当する VINCI Airports の社長である Nicolas Notebaert 氏は、第 1 ターミナルで行われた改修に多大な感謝の意を表しました。 同氏は、持続可能性を目指した革新的なプロジェクトの開発と実施に対する同社の取り組みを強調した。 彼らの空港は乗客の期待の最前線にあり、積極的な移動を促進します。

Notebaert はさらに、新しく改装された国際線出発エリアが VINCI Airports グループの卓越した専門知識と、彼らが事業を展開している国に貢献している重要な価値を際立たせていることを強調しました。

リニューアルされた関西国際空港第1ターミナル 写真:VINCI AirportS
リニューアルされた関西国際空港第1ターミナル 写真:VINCI AirportS

人工島に作られたユニークな空港


関西国際空港は、伊丹空港としても知られる大阪の旧空港、大阪国際空港 (ITM) を引き継いで、1994 年 9 月 4 日に開港しました。 大阪、京都、神戸の都市にサービスを提供する主要な国際空港です。 同空港は大阪駅から南西38キロ、大阪湾の真ん中にある人工島に位置する。 KIXにはターミナルが2つあります。

2018 年、国際線ターミナルとしても知られるターミナル 1 は、1.7 km (1.1 マイル) という驚くべき長さで、世界最長の空港ターミナルとして認められました。 有名なイタリアの建築家レンゾ・ピアノがターミナルを設計しました。

一方、ターミナル 2 は、ターミナル 1 と比べて着陸料を安くすることで格安航空会社 (LCC) の誘致を目的として、特に格安航空会社 (LCC) のターミナルとして開発されました。

リニューアルされた関西国際空港第1ターミナル 写真:VINCI AirportS
リニューアルされた関西国際空港第1ターミナル 写真:VINCI AirportS

ターミナル 1 に最近行われた改良には、いくつかの目的があります。 これらは全体的な顧客エクスペリエンスを向上させることだけでなく、関西空港の国際線旅客処理能力の向上にも貢献し、その数は年間 2,300 万人から 4,000 万人に増加します。

さらに、このプロジェクトは、来る2025年大阪万博に向けて、観光を拡大し、ホスピタリティサービスの進歩に貢献するという日本の目標とも一致しています。 同空港は国際ハブ空港として、全日空、日本航空、日本貨物航空にとって重要な役割を果たしている。 また、日本初の国際格安航空会社であるビーチ航空のハブ空港としても機能します。


注目の画像 VINCI 空港

READ  日本の農水産物輸出額は2023年に1兆4500億円へ