11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の長期利回りはオークション前に上昇、米国のインフレデータ

[東京 11月7日 ロイター] – 慎重な投資家が今週後半に予定される30年債と米国のインフレデータの国内オークションを待ち望んでいたため、日本の長期国債の利回りは月曜日に上昇した。

20年国債利回りは0.5ベーシスポイント上昇して1.155%、30年国債利回りは1ベーシスポイント上昇して1.565%となった。

ある国内企業の市場参加者は、「米国の消費者指数の発表と 30 年債の入札に先立ち、リスク プレミアムは高くなっている」と述べた。

トレーダーの焦点は、木曜日に予定されている 10 月の米国の消費者物価にあり、上向きのサプライズがあれば、中央銀行の利上げが一段と引き下げられることへの信頼が試されることになる。

日本の大蔵省は、経済刺激策に資金を供給するために、1 月から 3 月にかけて 2 年物の国債発行を毎月 1,000 億円 (6 億 7,949 万ドル) 増加させると、ロイター通信が報じた。

市場の反応は限定的で、2 年物国債利回りと 5 年物利回りはそれぞれ-0.045% と 0.085% でした。 10 年物国債は横ばいで取引されておらず、利回りは日銀の政策グループのトップである 0.250% でした。

40年国債は取引されておらず、利回りは1.780%でした。

一方、ベンチマークの 10 年物国債先物は 0.08 ポイント上昇して 148.51 となり、取引高は 7,382 ロットでした。 (藤田純子、東京市場委員会による報告、Uttaresh.Vによる編集)

READ  中国経済は日本式の停滞を回避できるのだろうか。