5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の鉄道を修理するためのVR制御の巨大ロボット-IoTWorldToday

プロトタイプロボットは、鉄道車両とクレーンアームを備えており、現在、労働者にとって非常に危険な作業を行っています。

日本の鉄道会社である西日本旅客鉄道は、人の手による修理を超えて危険であると考えられている鉄道インフラを清掃および維持するために、プロトタイプのVR制御ロボットを設計しました。

この巨大な機械は32フィートの高さに立ってできると言われています 22ポンドの重さの物体を33フィートの高さまで持ち上げます。 それ 一緒に構築されています 日本信号株式会社は、鉄道整備の分野で安全性と生産性のツールを探求します。 そして人間の機械の共同。

ボットは自律的に動作しているように見えますが、VRヘッドセットとリモートコントロールを備えたエンジニアによって制御されています。 VRゲームと同様に、これらのオペレーターはロボットの動きを自分で制御でき、ロボットがとる特定のオブジェクトの重量を決定することもできます。

クレーンアームと鉄道車両の両方と組み合わせると、このロボットは非常に多様性があり、移動の自由度が高く、鉄道インフラに適応できます。

ロボットのテストは4月から行われており、このモデルの最終的なイテレーションは2024年に商業的にリリースされる予定です。

READ  日本が長年持っていた最高のニュースは菅義偉を救うことができます