12月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の野党党首日銀が知事に挑発をやめるよう呼びかける


ファイル画像:2020年9月10日に枝野幸男が東京で行われた主要な野党指導者選挙で勝利した後、人民民主党の政策リーダーである泉健太が演説を行います。 デビッド・マレイユ/プール・ロイター

スキヤマケンタロウとダニエルリース

東京(ロイター)-日本銀行の次期総裁は、中央銀行を最も簡単な金融政策から追い出す人物になるべきだと、国内最大の野党党首である泉健太氏は木曜日に語った。

日本の左翼民主党(CDPJ)のリーダーである和泉氏は、最近の円安は輸入コストを押し上げることで経済に打撃を与える可能性があると述べた。

和泉氏はロイター通信に対し、円安と原材料価格の上昇をきっかけに「インフレが悪化し始めている」と語った。

「影響は非常に大きくなり始めている」と彼は言い、輸入品の価格の上昇は人々の生活と企業運営に影響を及ぼしていると付け加えた。

和泉氏は、家族は燃料費と食料費の高騰に見舞われていると述べ、党の政策検討委員会に価格上昇に対処するための措置を講じるよう助言した。

これらのコメントは、日本の政治家が円安の賛否両論をどのように認識するかという海の変化を示しています。

CDPJの主要メンバーの中には、2009年に政権を握って以来、円高による輸出志向型経済への打撃を防ぐために金融政策を緩和するよう日銀に繰り返し圧力をかけてきた日本の元民主党員がいます。

日銀は、2%のインフレ目標に達するまでインセンティブを撤回しないと述べているため、金融政策を安定させる可能性が高いと泉氏は述べた。

しかし、インフレが上昇し続けるのであれば、中央銀行は金融政策を再考すべきだと彼は付け加えた。

日銀の政策の変更は、現在の知事である黒田東彦の後継者の選出に関連している可能性があります。黒田東彦の2番目の5年間の任期は2023年3月に終了します。

日本がデフレから回復するのを助けるために2013年に主要な資産購入プログラムを実施した後、黒田は、そのとらえどころのない2%のインフレ目標を達成するために金融政策を非常に緩く保つ必要性を求め続けました。

しかし、日銀は、長年にわたって非常に低い金利で銀行の利益に影響を与えてきたため、長期にわたる緩和価格の引き上げに対する批判の高まりに直面しています。

一部の議員は、日銀がその容易な政策を弱体化させ、輸入コストを弱めていると非難している。

「政府は、日銀の金融政策を正常化する方法について明確な考えを持っている人を選ぶべきだ」と泉氏は述べた。

(スキヤマケントロとダニエル・ルシンクによる報告、木原ライカによる執筆、キム・ゴキルによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本庭園はこの瞬間を語る