12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の配当最愛の人は投資家にスムーズな乗り心地を提供します

不確実な時代に、ディフェンシブな収入源からの安定した配当支払いほど、投資家に安心感を与えるものはほとんどありません。

日本電信電話 (JP:9437)世界で 4 番目に大きい電気通信会社である . 3.2% という魅力的な予測利回りと印象的なペイアウトの記録があるだけでなく、通過したすべての企業の中で最も低い株価のボラティリティも備えています。 未来を修正するの品質配当テスト。

通信会社は、お粗末な投資であるという評判があります。 高い投資要件とコア サービスのコモディティ化により、この業界は収益性も高成長性もありません。 数多くの規制調査が行われており、NTT が売上高の 80% 以上を占める日本では、モバイル料金は政治家の間で話題になっています。

NTT の昨年の投下資本利益率 (ROIC) は 7.6% で、2011 年以降の年間売上成長率はわずか 1.6% でした。 ただし、1 株あたりの配当 (DPS) の記録は、さらにエキサイティングなことを示しています。 2011 年以来、同社は 1 株あたりの配当を 13% という驚異的な複合年率で成長させてきました。

この成果は、効率性の漸進的な改善と資本配分への保守的なアプローチによって達成されました。 NTT の年間設備投資額は、過去 10 年間で約 2 兆円 (124 億ポンド、137 億ドル) から 1.7 兆円近くに減少し、売上高の割合は 18.6% から 14.5% に低下しました。

同社はまた、効率性の改善にも注力しており、これが Ebit マージンの向上に貢献しています。 2015 年に 10% を下回った後、昨年は 14.5% でした。

これらすべてにより、現金が解放され、増配を支払うだけでなく、株式を買い戻すこともできます。 NTTの株価は2011年以来30%下落しています。 株式が不足している場合、配当として支払われる現金は、それを維持するためにさらに大きくなります。

目標より先に

株主は今後数年間でさらなる上昇を期待する理由があり、株式は追跡されている多くのエリートファンドマネージャーの間で引き続き人気があります. 未来を修正する 日本株への投資を専門としています。

最初の3人はエリートサポーター

出典: Citywire/Morningstar、最新レポート Holdings

NTTは、2018年から2025年までの中期戦略を追求し、6月に社内のトップポストに任命された島田章新最高経営責任者の下で継続します。 計画の重要な要素は、コストを削減しながら、より価値の高い販売を推進することです。 これらの野心は、2020 年にドコモがまだ所有していないモバイル事業の 3 分の 1 を買収するという決定によって助けられることが期待されています。

NTT の戦略の中核にあるのは、社会問題の解決に重要な役割を果たすことができるという信念です。 時代遅れの技術やシステムにしがみつくという日本の評判は言うまでもなく、自社と顧客の両方のビジネスをデジタル化することは大きなチャンスです。 NTT の内部目標は、2025 年までにペーパーレス組織になることです。2021 年には 6,000 トンを使用しました。

ハイテクな点として、同社は「革新的な光および無線ネットワーク」(IOWN) と呼ぶものを開発しています。 2030 年までに運用されると考えられているこのイニシアチブは、既存のインフラストラクチャの制限を克服し、データが豊富な「スマート」な世界の構築を支援することを目的としています。

社会の大きな問題の解決に貢献したいという思いから、NTT 支店は再生可能エネルギーと見なされました。 目標は、2040年までに国内でネットゼロにすることです。

その他の重要な目標には、2023 年までに ROIC を 8% に引き上げること、同期間の設備投資対売上高比率を 13.5% に引き下げること、および年間コストを 1 兆円削減することが含まれます。

NTT が改善を続ける場合、ブローカーは、DPS の大幅な成長が続くと予測しています。 そうなれば、株主還元は第一印象が示唆する以上に刺激的であり続けるだろう。 企業が正しい方向に進むためには、最終的には売上の増加が必要ですが、多くのトップ ファンド マネージャーは可能性を見出しているようです。

年末年始 3月31日 売上高(億円) 税引前利益(十億円) フリーキャッシュフロー(十億円) EPS(円) DPS(円)
2020年 11,899 1,570 1,133 23,121 9,458
2021年 11,944 1,653 1,516 24,815 10,500
2022年 12,156 1,796 1,202 32,929 11,500
f’cst 2023 12,612 1,855 1,207 34,848 12,279
f’cst 2024 12,913 1,931 1,315 37,020 13,172

出典: FactSet、調整後の利益の数値、2022 年 10 月 10 日時点のデータ。 DPS = 1 株あたりの配当。



READ  バドミントン:日本の選手はマレーシアのペアによって高揚しました