8月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の農場では、円安が徐々に不満を高めています

山形、日本、6月27日(ロイター)-日本の農家の平生恭春氏は、動物飼料に使用される輸入トウモロコシの価格が上昇するにつれて、家畜の混合物に米を追加し始めました。

これは彼の貴重な真空牛肉の品質を心配させ、彼はかつて日本の地方をほとんど揺るぎない支配力を持っていた与党自民党(LDP)にかつて怒っていた何人かの農民と同様の困難に直面しています。

山形郊外の農場でロイター通信に対し、「飼料などの価格が上昇し続けているため、私を含めてどれだけ多くの人が消費できるかわからない」と語った。 クラシック音楽は彼の納屋の中のスピーカーから生まれます。 長年、彼は音楽を使って牛を落ち着かせ、柔らかい牛肉を安定させました。 今、彼は米が彼らの腸内細菌に害を及ぼすことを恐れています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

今年の20年以上にわたる円安は、日本の農家に大きな打撃を与え、すでに輸入されている飼料、燃料、肥料の高値を購入することをさらに難しくしています。 Hiravのように、コストを削減したり、ローンを組んだりする人もいます。 農業を完全に放棄することについて話す人もいます。

東京の北約400km(250マイル)にある米、牛肉、さくらんぼで知られる主要な農業地帯である山形のヒラウ州では、状況がさらに不安になっています。

ロイターは、山形市や他の農業地域の不満について、全国の農民、当局者、政策専門家、山形市の農民12人を含む少なくとも10人に話を聞いた。

岸田文雄首相が7月10日の参議院選挙で自民党を勝利に導くとの意見調査によるが、インフレと円安の複合効果により、分断党に対する握力が弱まり、分断党に対する握力が弱まる可能性がある。

かつて自民党の頑固な支持者だった平尾氏は、農民たちにとって十分ではないと感じたため、党を去り始めたと語った。 彼の反対は、自由貿易を提唱し、デフレを終わらせ、賃金を引き上げるための金銭的インセンティブを解き放った安倍晋三前首相の下で固まった。 彼は、来たる選挙で、野党から来る現在の候補者にもっと傾くだろうと言った。

価格は現在上昇していますが、賃金は何十年も変わっていません。 安倍首相が運営する日本中央銀行は、金利を引き上げると国の通貨の価値が上がるものの、非常に低い金利に固執している。

「それは低金利と低金利であり、どういうわけか私たちはそれを手に入れました、しかし結局、若い世代は負担に巻き込まれます」とヒラブは言いました。 「私は安倍首相の任命者全員が嫌いです。彼らのどれも良い人ではありません。」

労働力の2%未満である約130万人が、主に日本の農業で働いています。 それにもかかわらず、選挙制度は地方の有権者の割合を支持し、JAグループとして知られる農業協同組合が強力なロビーを形成するため、農民は強力な政治力です。

山形県の一部の農民はロイター通信に対し、自民党が過去10年間に農民の自由貿易を選択し、支援策を押し戻し、日本市場を外国との競争に開放したため、自民党にだまされたと感じたと語った。 彼らは、強力な政府の支援と、何十年にもわたって自民党の政策の柱であったが、現在は幾分歪められている保護貿易主義の姿勢に戻りたいと考えています。

元農業省の役人で現在、キヤノングローバル研究所のシンクタンクの研究責任者である山下かすひど氏は、このような不満を抱いた地方の有権者を取り戻すために、自民党は農民にもっと多くを提供することを余儀なくされたと述べた。

「肥料、農薬、燃料の価格が上昇するにつれて、農民は収入が減り、ますます不満を募らせるだろう。自民党に対する彼らの支持は徐々に弱まるだろう」と彼は言った。 「自民党は、選挙に関しては、農場ロビーが望む政策を支持するしかないので、農場ロビーに反対することを望んでいない。」

ロイターの質問に答えて、自民党のスポークスマンは農民の間で党の支持について直接話しませんでした。 広報担当者は、自民党は農業関係者だけでなく、すべての市民にその政策が理解されるように努めていると述べた。 ロイターはまた、選挙マニフェストで、燃料、飼料、肥料の価格上昇の影響を緩和するというコミットメントを指摘した。 詳細。

自民党の遠藤利明委員長と山形の下位代表は4月、党の支持者に「エネルギーと商品価格の上昇が心配だ」と語った。 「私たちは非常に厳しい戦いをしています。」

岸田文雄に対する国民の支持は最近4ヶ月ぶりの最低値である48.7%に落ち込み、今月のGigi Pressの世論調査では、54%以上が彼のインフレの取り扱いを承認しなかったことが示されました。

「最大の責任」

農民とアナリストによると、安倍首相は2013年に主要な環太平洋貿易協定を受け入れ、5年後に日本が正式に署名し、稲作北部での自民党の支援に損害を与えた。 山形市は、衆議院議員3人全員が党員であるにもかかわらず、自民党に議員がいない数少ない州の一つである。

「農民や農民グループは伝統的に与党を強力に支持してきたが、過去10年間、LTTEだけを信頼するのは良くないと考える人が多かった」と12代目の農民大山敏弘氏は語った。農業のリーダーは誰ですか。 山形での協力。

協同組合は組合員に代わってロビー活動を行い、7,560億ドルの資産を持ち、世界の金融市場で重要な役割を果たしているNorinchinBankを通じて農家の貯蓄を投資しています。

JAパネルは、自民党に対する農民の支援についてコメントすることを拒否した。 燃料、原材料、動物飼料の価格上昇が農業生産者の間で「大きな懸念」を引き起こしていると述べた。 先月発表された7ページの政策提案についてロイターに言及し、飼料作物の国内生産を拡大するための政府の支援を含む、農民の圧力を軽減するための措置を求めた。

日本はここ数十年で農業への支援を減らしてきましたが、農民の収入の41%は依然として政府の補助金によるものであり、先進国のOECDグループの平均の2倍以上です。 OECDによると、日本の農民は2018年から2020年まで、農産物の国際市場規模よりも60%多く請求しています。

一部のエコノミストによると、高齢化した日本はもはや農民に大きな支援を提供することはできません。 しかし、その支援がなければ、自民党は主要な有権者の把握を失う可能性があります。

五十嵐和治さん(57)は、「これ以上農民を助けなければ、山形ではLTTEが壁にぶつかるだろう。

日本海近くのチュルウォカにある彼の豚舎では、彼はまた彼の動物飼料に米を加え、彼の豚肉が乾くのではないかと心配しています。 これまでのところ、顧客は言っていません。 彼の月収1000万円(75,000ドル)の80%は現在動物飼料に使われています。 彼は州の緊急基金から借りたと言ったが、他の農民が経済的に生き残ることができないのではないかと心配している。

平尾氏と同様に、民主主義センターの現在の候補者である船山康夫氏に傾倒していると述べた。 農業省の元職員である彼は、水田農家にヨーロッパ式の最低収入を保証したいと考えています。

東京にあるロイター通信社とのインタビューで、「米は私たちの文化と人々の主食であるが、政府は生産が自由化されたと言っている。政府は最大の責任を放棄した」と述べた。

ファンヤマ氏の評判を考慮して、自民党は彼に対して候補者を擁護するつもりはない、と党の考えに精通している誰かがロイターに語った。 7月10日の投票まであと6週間で、1つだけを指名しました。 自民党は、来たる選挙で山形に候補者を立候補させるつもりかどうかについてコメントを控えた。

もちろん、特に70%が65歳以上の場合、農家は投票に多くの問題を抱えることがあります。

日本の農業とJA協同組合に関する本を共同執筆した、ピッツバーグ大学の政治学研究の助教授であるケイ・シミズは、次のように述べています。

「一方で、彼らの幸福、生計、農業において、しかし彼らは他の興味を持っています。彼らの多くは非常に年をとっていて、社会福祉の懸念を持っています。」

山形県中部の水田農家である忍野和幸氏は、価格が上昇するにつれ、3人の異なる農家が水田の管理を担当するよう求められたと語った。

「状況がそのまま続くと、事態は厳しくなるだろう」と彼は語った。 「それで彼らは去った。」

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

山形のダニエル・ルシンクレポート東京の村上さくらと高本義文による追加レポートデビッド・ドランとビル・リグビーによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本は大型ボートを使用して自律航行をテストします