5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の貿易、日本の家計支出

日本の貿易、日本の家計支出

1時間前

CNBC Pro: Nvidia パートナーなど: モルガン・スタンレー、ハイテク株の成長要因は Arm ベースの PC チップにあると指摘

モルガン・スタンレーによると、英国のチップ設計部門が開発したチップを搭載した人工知能コンピューターのおかげで、世界の半導体産業は「変革」に向けて準備が整っているという。

AI アプリケーションを実行するには、より強力な PC が必要になるためです。

アームベースの中央処理装置は、エネルギー節約と熱制御で知られており、バッテリ寿命の延長とよりコンパクトな設計につながり、「電力効率において大幅な優位性を発揮する」とモルガン・スタンレーは指摘した。

そのため同銀行は、ArmベースのAI PCが「世界の準決勝業界に影響を与える変革を開始する」と期待している。

ArmがAI PCに参入することで恩恵を受けるのはどの銘柄でしょうか?

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

1時間前

ジャパンウォッチズ、2023/24年度の経常黒字を報告

ロイター通信によると、日本は2024年3月終了会計年度に25兆3000億円(1629億ドル)という過去最大の経常黒字を記録した。

3月には3兆4000億円の経常黒字を計上した。

経常収支の尺度は国際貿易の重要な尺度です。

—シュレヤシ・サンヤル、ロイター

2時間前

日本、予想を上回る3月の家計支出データを発表

日本の住宅費 ロイターがまとめたエコノミスト予想の2.4%減に比べ、3月は予想を上回る1.2%減だった。

家計支出は前月比1.2%増加、ロイター調査の予想は0.3%減少だった。

日本の統計局によると、月間平均消費支出は名目で1.9%増の31万8,713円(2,049.23ドル)となった。

3月の1世帯当たりの平均月収は51万3,734円で、前年同月に比べ名目で3%増、実質で0.1%減となった。

– イム・ヒジー

3時間前

CNBC Pro: ポートフォリオマネージャーが今すぐ買うべき、あまり知られていない成長株3銘柄を指名

「マグニフィセント・セブン」のような超大型株はここ数カ月間苦戦を強いられており、一部の投資家は成長株を買うのに今が最適な時期なのか疑問を抱いている。

ある投資家は、成長株には依然としてチャンスがあるが、選択する時期が来たと語った。

ウィンスロップ・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネジャー、アダム・クーンズ氏は5月、CNBCプロに対し、「一般的にグロース株はバリュー株を上回るパフォーマンスを示す。しかしバリュエーションは限界に達しているため、われわれはより質の高い銘柄を探している」と語った。 1.

クーンズ氏は、あまり知られていない成長株のうち、検討すべきお気に入りの銘柄を 3 つ挙げました。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– アマラ・バラクリシュナ

7時間前

UBS、米国のインフレ率が「再び低下」すると予想

顧客はカリフォルニア州ノバトにあるコストコ店舗で買い物をします。

ジャスティン・サリバン | ゲッティイメージズニュース | 良い写真

9月から始まる年内の利下げ期待が半減するなか、低調なインフレ報告を受けてFRBの金利が長期にわたり高すぎるのではないかとの投資家の懸念が高まり、今四半期の株価は圧迫された。

しかしUBSは、来週発表される4月の消費者物価指数(CPI)を皮切りに、今後のインフレ統計が緩和し始めると予想している。 同社は家計支出の減速と個人消費の鈍化を示す最近のデータを引用した。

UBSのソリタ・マルセリ氏は木曜日、「米国のインフレは今後数カ月で再び低下すると予想している」と述べた。 「投資家は、4月の消費者物価指数(CPI)によって、今年第1四半期に中断されたインフレ率の低下傾向が再開すると予想している。」

マルチェリ総裁は「インフレ率は今後数カ月以内に中銀の目標である2%に戻り始めるとの見方を示している」と述べた。

– サラ・ミン

10時間前

ゴールドマン・サックスの最高執行責任者(COO)は「順調にスタートしてもソフトランディングはまだ可能だ」と語る

ゴールドマン・サックス会長兼最高経営責任者(CEO)のジョン・ウォルドロン氏が、米国ニューヨーク市のゴールドマン・サックス本社で開催されたゴールドマン・サックス・インベスター・デーで講演。

ブレンダン・マクダーミット | ロイター

ゴールドマン・サックスの社長兼最高執行責任者(COO)のジョン・ウォルドロン氏によると、途中で多少の問題はあったものの、ソフトランディングは依然として可能性が高いという。

ウォルドロン氏は木曜日、CNBCに対し、「我々は依然として、一般的に軟着陸シナリオを支持している」と語った。

「ソフトランディングとは、すべてが完璧であることを意味するわけではありません。私は、それが素晴らしい柔らかい枕の上に着地していると言うでしょう」と彼は付け加えた。 「時には発作が起きても、ソフトランディングから始まることもあります。それが今、私たちが目の当たりにしていることだと思います。」

– ブライアン・エヴァンス

8時間前

BTIGのグリンスキー氏にとって、金鉱山株とそのETFは「特に魅力的」

貴金属鉱山株は現在「今年初めの大幅な値上がりの後」堅調にあり、バンエック・ゴールド・マイナーズETFのようなETFは「我々にとって非常に魅力的に見える」とBTIGの首席市場テクノロジスト、ジョナサン・グリンスキー氏は木曜日に顧客に宛てた書簡で述べた。

クリンスキー氏は、金鉱山ETFは3月初旬から4月中旬までの短期間で40%近く上昇し、「1年間の基準を大きく上回った」と述べた。 「現在、38~40ドルに向けた慎重な動きで上昇を再開する態勢が整っている。」 BTIGによると、2024年のS&P500と比較すると、GDX ETFは約3.5%ポイントパフォーマンスを上回る可能性があるという。

グリンスキー氏は、ダウなどの個別株は「非常に前向き」だが、素材セクターのSPDRファンド、その他の鉱物採掘会社、化学生産会社などは最近、GTXをアンダーパフォームしていると述べた。 [price] チャート。”

チャートを参照…

2月末以来の金鉱ETF。

8時間前

ピザの売り上げは低迷、ドーナツは棚から消えている

スコット・オルソン | 良い写真

パパ・ジョンズは売上不振を報告した最新のレストランだ。 ピザチェーンの既存店売上高は予想よりも弱い1.8%減となった。 これは競合他社の1社が2週間前に述べたこととは対照的だった。 ロイヤルティ プログラムの刷新が成功し、ドミノ・ピザの既存店売上高は予想を上回る 5.6% 増加しました。

しかし、レストラン業界が今年のスタートに向けて広く苦戦している中、今朝、別の明るい材料が現れた。 人々はドーナツを買います。 クリスピー・クリームは利益が予想を上回ったため、本業売上高が7%近く増加した。 バレンタインデーや聖パトリックデーの祝日前後のイベント中心のキャンペーンが成功したことを受けて、「デジタル販売の増加と消費者の強い需要」を挙げた。

ロバート・ハム

READ  投資 VS 取引:違いは何?