1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の記録破りのセーラー、84歳の堀健一がアメリカの賞を受賞する

昨年83歳でヨットで太平洋を単独無着陸横断航海した世界最高齢の日本人海の冒険家、堀健一さんが、名誉あるアメリカン・セーリング・アワードを受賞する。

クルージング クラブ オブ アメリカは今週、84 歳の冒険家を最高の栄誉であるブルー ウォーター メダルに選んだと発表しました。

堀さんは、3月27日にサンフランシスコを出発した後、6月4日に西日本の紀伊水道で8,500キロの旅を終えました。

京都ニュースのヘリコプターから撮影された日本の海の冒険家、堀健一は、6月4日、西日本の和歌山県と徳島県を隔てる紀伊水道に、長さ6メートル、1トンのヨット、サントリーマーメイドIIIで到着しました。 2022. (京都)

クラブによると、この受賞のニュースに応えて、ホリーは「夢が叶った」と感じ、「このような栄誉に感謝したい」と述べた.

ベテランの冒険家である堀の 2022 年の航海は、1962 年に有名になった航海と似ていますが逆のルートをたどります。彼は 23 歳のときに寄港せずに日本からサンフランシスコまで太平洋を横断した最初の船員になりました。

堀健一は2022年12月5日に兵庫県西宮市で撮影された。 (京都)

彼の他の成功した挑戦には、70 年代初頭の世界中のノンストップの単独旅行や、2008 年に波力ヨットでハワイから 7,000 km のセーリングが含まれます。

クルージング クラブ オブ アメリカには、アドベンチャー業界で熟練したセーラーの厳選されたグループがいます。 そのブルー ウォーター メダルは、「すべての国のアマチュア セーラーが示した優れた航海術と海での冒険」を表彰するものです。

堀氏は日本人で2人目の受賞者となり、3月にニューヨークで予定されている授賞式で直接受賞する予定です。


関連記事:

日本の 83 歳の堀さんは、太平洋をノンストップで一人旅している高齢の男性です。


READ  円安の影響を受けて、日本企業のほとんどは商品コストを克服しようとしています。