10月 5, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の規制当局は、暗号税規則を緩和したいと考えています

日本の 金融サービス会社 暗号通貨資産と個人の株式投資家に対する法人税の厳格さを緩和するよう求めます。

提案された動きは、岸田文夫首相の復興への意欲を支持するものです。 日本の経済ブルームバーグは水曜日(8月31日)に報告した。

以下も参照してください。 日本の仮想通貨企業は減税を求める

金融規制当局は、企業は仮想通貨を発行した後に保有する紙上の利益に対する税金の支払いを免除されるべきであり、個人投資家に減税を提供する計画に追加のサポートを提供する必要があると述べました。

「新資本主義」と呼ばれる岸田氏の計画は、日本の Web3 部門を支えながら富を蓄えることを約束している。

日本は6月にステーブルコインをデジタル通貨として定義する法律を可決し、ステーブルコインの法的枠組みを設定した最初の主要な世界経済の1つになりました。

続きを読む: 日本がステーブルコインの法的枠組みを可決

法律は、ステーブルコインが法定通貨にリンクされていることを要求し、所有者が額面通りに償還できることを保証しています。 また、法定通貨を発行できるのは、認可を受けた銀行、信託会社、および登録された送金機関のみであると述べています。

先月、日本仮想通貨事業者協会と日本仮想通貨・仮想通貨取引所協会は、企業が仮想通貨トークンを発行・保有する費用を安くする計画を発表した。

以下も参照してください。 日本は仮想通貨税を削減すべき、とシェアCEOは語る

現在のシステムでは、未実現利益を含む仮想通貨保有からの利益に対する法人税は約 30% であり、企業がデジタル通貨を発行した後にそれを維持するのは高くつく。

この動きは、高い税金が一部の日本企業にシンガポールへの移転を促したことによるものです。 それらの企業の中には Web3 インフラストラクチャ企業の Stack Technologies があり、その CEO は今月、仮想通貨税の引き下げを呼びかけました。

2年前にシンガポールに会社を移した渡辺聡太氏は、「少なくとも20社ほど」の企業が税金のために日本を去ったと語った。 彼は、日本が仮想通貨税規則を変更した場合、会社を再び移転したいと述べた.

すべての PYMNTS 暗号カバレッジについては、Daily を購読してください 暗号ニュースレター.

aml/kyc

新しい PYMNTS 調査では、消費者の 4 人に 3 人がスーパー アプリの需要が高いことがわかりました
約: PYMNTS による新しい調査「The Super App Shift: How Consumers Want to Save, Shop and Spend in the Connected Economy」は、PayPal と協力して、オーストラリア、ドイツ、英国、米国の 9,904 人の消費者からの回答を分析しました。 何十もの個別のアプリを使用するのではなく、単一の多機能スーパーアプリに対する強い需要を示しました。

私たちは常にイノベーターやディスラプターと提携する機会を探しています。

もっと詳しく知る


https://www.pymnts.com/cryptocurrency/2022/crypto-derivatives-coming-to-america/partial/

READ  日本における重要な米国ブレッド:2022年3月12-13日