3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の裁判所は水俣市水銀中毒の多くの犠牲者への賠償を認め、賠償を認めた。

日本の裁判所は水俣市水銀中毒の多くの犠牲者への賠償を認め、賠償を認めた。

東京(AP通信)-日本の裁判所は水曜日、中央政府、熊本県、化学会社に対し、数十年にわたる水俣市の水銀中毒の被害を受けた120人以上の原告を特定し、症状が出た後に賠償金を支払うよう命じた。 地域外への転居。

大阪地裁は原告128人全員を認めた 水俣病の患者さん 当局者やメディアの報道によると、汚染の責任を負う政府は、熊本とシッソコーポレーションにそれぞれ275万円(1万8400ドル)の支払いを命じた。

50代と80代の原告らは水銀中毒当時、熊本や近くの鹿児島に住んでいたが、その後大阪など西日本の他の場所に移住した。 彼らは2009年の補償金から不当に除外されたとして2014年に訴訟を起こした。 弁護士によると、彼らはそれぞれ450万円(3万170ドル)を要求したという。

判決文の中で、辰野有紀裁判官は、原告らは子供の頃、その地域を離れる前に高濃度の水銀を含む魚を摂取したと考えられると述べた。 判決では、手足のしびれなどの症状は水銀中毒の特徴であり、他の原因では説明できないと述べた。

現在大阪に住む前田佳さん(74)は「裁判所が公正な判決を下したことを大変うれしく思う」と語った。

擁護者の徳井義行氏は「画期的で水俣病救済活動を大きく前進させるもの」と評価した。

水俣病、 1956年に初めて検出され、後にシソ社が水銀化合物を投棄した九州本島南部の水俣湾の魚介類の摂取と関連があることが判明した。

これは日本最悪の環境災害の一つであり、日本の経済的重要性の背後にある環境破壊と汚職の国際的な象徴となった。

中央政府は、請願者らが水俣病に罹患していることを証明する証拠はないと主張した。

松野博一官房長官は記者団に対し、政府は医療、福祉、社会的支援の充実に向けて適切な措置を講じていくと述べた。

水曜日の判決は、東京、熊本、新潟で約1,700人が巻き込まれた同様の訴訟の最初のものである。

2004年の最高裁判所の判決は、汚染が発見されてから何年も放置し続けた政府の責任を認め、政府に支援範囲の拡大を求める声が新たに高まった。

2009年に施行された新たな救済プログラムの特別法の下では、約3万8000人が一時金や医療給付金の受給資格を得たが、9700人近くが年齢や居住地を理由に拒否された。 これまでに水俣病患者として正式に認定された人は約3000人にとどまる。

READ  日本は大きな政策変更でより多くの外国人を受け入れることを目指しています