5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の裁判所は、強制避妊の犠牲者に初めて補償を与えました| 日本

法廷で 日本 「幼児」の誕生を防ぐために制定された、現在は廃止された優生学法の下で強制的に不妊手術を受けた人々に補償が支払われるのは初めてです。

大阪高等裁判所は下級裁判所の命令を覆し、70歳と80歳の3人の原告に合計2,750万円(175,600ポンド)を支払うよう州に命じました。 1996年に廃止された法律を「非人道的」と表現した。

同様の事件を審理する裁判所は、この慣行は違憲であると宣言しましたが、 拒否された損害賠償請求20年の制限が切れました。

2020年、下級裁判所はその理由で3人の原告の要求を却下しました。大阪高等裁判所の裁判官は、「正義と公正の感覚に完全に違反している」と述べました。

日本国政府 謝罪 そして、2019年には何千人もの人々が補償されましたが、被害者の弁護士は、320万円の単一の申し出は被害者が経験した苦痛を反映していないと述べました。 現在までに、京都通信社は、政府がこの計画の下で1,000人未満の犠牲者に補償を提供したと報告している。

原告弁護士藤川玉野、その依頼人-聴覚障害者の夫婦と知識人 障害 -裁判官に彼らの苦悩を表現することによって「山を動かした」。

公共放送NHKによると、1965年に強制的に不妊手術を受けた女性は、「私たちの要求が受け入れられて良かった」と、彼女の名前を言わずに、評決の後に言った。

「しかし、手術に行かなければならなかったことの後悔はまだ私にあります」と彼は言いました。

判決は犠牲者とその家族によって歓迎されました。 「この評決は犠牲者に有利に働く」と義理の姉は言った 別の場合の原告 日本北東部の戦隊で、京都に語った。

被害者グループとその家族の代表である木田三郎氏は通信社に、「私たちの生活は完全に破壊された。 それはお金ではありません。 この判決で、私は政府がすべての犠牲者の前で頭を下げて謝罪することを望みます。

1948年から1996年の間に、約16,500人の女性、主に障害のある女性が、「標準以下の子孫の誕生を防ぎ、母親の生命と健康を保護する」ことを目的とした法律の下で、同意なしに手術を受けました。

メディアの報道によると、約8,000人が同意し、ほぼ圧力がかかっており、約60,000人の女性が遺伝性疾患のために中絶をしました。 優生学法は1996年に廃止されました。

政府当局者は、保健省が上訴するかどうかを決定する前に事件を再考すると述べた。 琴保健相は、この判決は政府にとって「難しすぎる」と述べた。

READ  日本の経済は多くの人が認識しているよりも強い