5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の行方不明のボート:カズ1が失われた後に確認された10人の死者

犠牲者の中には、7人の男性と3人の女性が含まれ、そのうちの何人かは水中で無意識に発見され、他の人はアムネスティ・インターナショナルの地方事務所である岸に打ち上げられました。 日本沿岸警備隊はCNNに語った。

乗船した26人の中には24人の観光客、船長と乗組員がいました。 乗客のうちの2人は子供です。

ボート「カズ1」は、北海道最北端の本島にある知床半島を観光ツアーに出ていたところ、どうやら困難に直面したようです。

当局は土曜日の午後に乗組員との連絡を失った。 日本の放送局NHKは、乗組員が船尾に水が流れ込み、沈み始めたと報告したと述べた。

NHKの報道によると、乗組員はボートが30度の角度で曲がっていて、乗船している人は救命胴衣を着ていたとのことです。

当局は船が沈没したと信じていますが、調査はまだ進行中です。

巡視船、飛行機、ヘリコプターは、その時点で残りの16人を捜索し続けています。

地元メディアは、ボートが遭難信号を発したとき、その地域の波が3メートル(9.8フィート)の高さに達したと報告しました。

気象庁の地域ホームページによると、当時の海の水温は華氏35度から37度(摂氏3度弱)でした。

READ  情報筋によると、米国は今週、数百発のスティンガー対空ミサイルをウクライナに納入した。