8月 15, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の著名な米国育ちのランナー:2022年7月24日

午後12時|
また: 共有メッセージ

更新日:2022年7月21日午後8時47分

この続きのシリーズでは、日本中央競馬会サーキットのトラックでの今週末の血統および/または販売リングでのパフォーマンスを考慮して、アメリカ育ちおよび/または育ちのレーサーを見ていきます。 今週の日曜日に福島と小倉の競馬場で走っている好奇心旺盛な馬は次のとおりです。

2022年7月24日日曜日
3位-FKS、¥9,900,000 (72,000ドル)乙女、2年、1800mT
マイナービジョン(JPN)(c、2、 オスカーパフォーマンス-DynaformerによるSongandFire) 6月25日に東京でこの距離を試してみて、3分の1を終え(以下のSC 15を参照)、その努力のために活発にやってきたとき、非常に有望なデビューが判明しました。 4月 12頭の子馬のダム。グレードIIIのレースで12ハロン以上の地面に2回配置され、アイルランドのグループ2の優勝者と3回のGI / G1SPアントニウスピウス(ドンジグ)の異父母姉妹で、ビッグレッドファームに$200,000を運びました。 2020年1月にキーンランドで子宮内にいるこの子馬。 B-ビッグレッドファーム

10th-KOK、28,710,000円 ($ 209k)手当、3年/年、1700m
Shailene(f、3、Arrogate–Amen Hallelujah、by Montbrook)1歳馬の150,000ドルのKEESEP100万ドルのOPSABRペースメーカーは、5月22日に7ハロンの東京アローワンスで3位に終わり、最近では米国育ちのPer Au(アメリカンファラオ)もちろん、7月10日と旅が再び延長されたとき。 牝馬のダムは2度のグレードIIの勝者であり、土と芝生の両方で7〜81/2ハロンと6つのグレードIイベントに配置されました。 B-タウンアンドカントリーホースファームLLC(KY)

加入者ではありませんか? ここをクリックして、毎日のPDFまたはアラートにサインアップしてください。

この話が投稿されました 共有メッセージ とコード化 傲慢福島競馬日本小倉マイナービジョン日本の著名な米国育ちのランナーオスカーパフォーマンスシェイリーン

READ  キャラクターの体が描けない時、日本のツイッターアーティストが面白いアドバイスをしてくれます