5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の航空会社ANAは関税引き上げに先立ってベルトを締める計画-次期CEO


ファイル:全日本空輸(ANA)ホールディングス株式会社次期社長兼CEOの柴田浩二氏は、2022年2月10日に東京で開催される記者会見に出席する予定です。 ロイター/加藤一世

スキヤマサトシとシラキマキ

東京(ロイター)-日本の航空会社ANAホールディングスは水曜日に、最初にベルトを締めることに焦点を合わせて、ヨーロッパのルート変更をカバーするための最後の努力としてのみ航空運賃を引き上げると述べた。

全日本空輸(ANA)の親会社を4月1日から率いる柴田浩二氏はロイター通信に対し、ウクライナの危機はすでに後退していたため、収益への影響は限定的だったと語った。 政府による国際線-19。

彼のコメントは、燃料と商品価格の上昇にもかかわらず、企業の日本が価格の上昇を回避する動機を説明するために最近のものです。 何年にもわたるデフレにより、日本の消費者は物価上昇に敏感になり、企業は物価上昇を回避せざるを得なくなり、景気後退が長引くことになりました。

柴田氏は、「欧州路線の変更による物価上昇を回避するために、できる限りのことをする」と述べた。

「しかし、コストを削減することで手に入れられない金額を相殺するために、航空運賃を少し引き上げなければならない状況にあるかもしれません。」

ANAは、世界中の他の航空会社と同様に、ロシアの侵略を受けてヨーロッパでのルートを変更しました。 政治的混乱は不確実性を高め、石油価格を押し上げました。

しかし、柴田氏は、エネルギー価格の上昇は、国内線のヘッジと国際線の追加料金に限定的な影響しか及ぼさなかったと述べた。

航空会社はまた、COVIDの流行によって引き起こされた海外旅行の減少から動揺しています。

日本のコビットへの入国制限が徐々に緩和され、ウクライナ危機が進展するかどうかにもよるが、国際線の需要がエピデミック前のレベルに戻るまでには約2年かかるだろう。

(スキヤマサトシとマッキーシラキによる報告、デビッドトランによる編集、ルイーズヘブンスによるジョンストーンストリート編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  高速道路トンネルが崩壊してから9年後に犠牲者が悼む