3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の舁山選手がタイを破り四大陸選手権制覇

日本の舁山選手がタイを破り四大陸選手権制覇

土曜日に上海で開催された四大陸フィギュアスケート選手権で、日本の柿山優真が男子のタイトルを獲得し、カナダのディアナ・ステラト=デュテックとマキシム・デシャンがペアで優勝した。

鍵山はフリー序盤でミスを犯したが、表情豊かで電光石火の演技で200.76点、合計307.58点を獲得した。

同胞の佐藤駿選手が274.59点で総合2位となり、韓国のチャ・ジュンファン選手が272.95点でトップ3に入った。

得点が発表されると鍵山は驚きのあまり口をあんぐりと開け、20歳の表情はすぐに喜びに変わった。

広告 – スクロールして続行してください

彼はファンによって氷上に投げられた2つの「スヌーピー」のぬいぐるみを興奮しながら振り、側近や観衆を大いに喜ばせた。

柿山選手は「フリースケーティングでミスをしたのは見ていただろうが、それでも優勝は妨げられなかった。とてもうれしい」と語り、後にこれほど高得点を出すとは予想していなかったとも付け加えた。

柿山は2本目のジャンプ、4回転ひねりを失敗したが、残りの演技の質の高さで彼を表彰台の一番上に一気に押し上げた。

広告 – スクロールして続行してください

しわくちゃの青いベルベットのシャツを着た彼は、エツィオ・ボッソの「Rain, In Your Black Eyes」が終わりに達するまで容赦ないエネルギーを維持し、速いペースについていきました。

「(2022年の)オリンピック以来初めて300点を超えた」と彼は語った。

「残りのジャンプでも優勝できてホッとしています。世界選手権に向けてこれからも頑張っていきたいと思います」

広告 – スクロールして続行してください

柿山は足首の負傷で昨シーズンを欠場したが、11月のNHK杯で優勝、12月の北京でのグランプリファイナルで3位に入賞するなど復調を果たした。

鍵山と同様に、ステラート=デュテクとデシャンは、週初めにショートプログラムで優勝した後、フリースケートに先行していた。

彼らはその勢いを維持し、「インタビュー・ウィズ・ア・ヴァンパイア」の陰気で激しいパフォーマンスで129.32点、合計198.80点を獲得した。

広告 – スクロールして続行してください

これにより、前回チャンピオンの三浦陸選手と木原龍一選手に8点差をつけて総合2位となり、アメリカのエリー・カム選手とダニー・オシェイ選手が187.28点で3位となった。

40歳のステラト・デュテクは「自分たちの結果にはとても満足しているが、もっと良くできることはわかっている。だからこれが(世界選手権への)出発点になる」と語った。

四大陸での勝利は、ペアがカナダ選手権で国内タイトルの防衛に成功したわずか数週間後にもたらされた。

広告 – スクロールして続行してください

ステラート=デュテクは20年前、ジュニア世界シングルスの銀メダリストだったが、怪我のため引退した。

彼女は16年ぶりにペアで競技するために氷上に戻り、2022年にグランプリ大会で優勝した最年長のスケーターとなった。

土曜日のパフォーマンスは完璧ではなかったが、デシャンは3月の世界選手権に向けて「今週苦労した小さなことをすべて修正する」と語った。

現世界チャンピオンの三浦と木原は、繊細ながらもミスがあったため、自己ベストには遠く及ばない125.16点でフリーで3位に終わった。

メウラがシーズン序盤の背中の負傷から回復しているため、日本ペアにとっては数か月ぶりの試合となる。

レブ/PBT

READ  レクサスアソシエイツは、日本航空のフラッグキャリアです。