9月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の自動販売機は、地元企業が運営するこの種のものとしては初めてです。

地域経済を支える楽しくおいしい方法です。

私たちのレポーター中澤征爾が大阪の誰かに彼が住んでいたと言うときはいつでも 鶴橋彼らはよくこう答えます」おお焼肉!」 それは、大阪の鶴橋駅の特徴の一つに、焼肉屋台が密集していて焼肉の匂いがするからです。

駅周辺は迷路のような商店街ですが、夜になると地元の商店がシャッターを閉め、 近くの自販機の灯りがあなたを誘うそれは、近所への最近の旅行中にセイジに起こったことです.

ある自動販売機には特に強い魅力があり、それを傾けてみると、セイジは珍しい商品のセレクションでいっぱいであることに気付きました。

マシンの上のサインは、マシン内のボトルが飲み物ではなく、詰め替えであることを明らかにしました ポンチョ! 鶴橋ぽんす正確には。

ここでの驚きはこれだけではありません。 あなたはあなたのお金を取り戻すでしょう.

周りを見渡してみると、ソースが気に入らなかった場合にマシンからお金を取り戻す方法が見つからなかったので、彼はそれが従来の電話や製品のスローガンの1つであるべきだと考えました. 代わりにメール返信システムを導入しています。

彼は「日本初」という言葉を発明しました。 ただし、エンジン側では、これは 日本初の鶴橋ポン酢専用自販機.

鶴橋に住んでいるにもかかわらず、ポン酢について聞いたことがなかった鶴橋誠司は、この間違いを正し、購入することでポン酢についてもっと知ることにしました。

▼ 300ミリリットル(4.2オンス)のボトルは750円(5.48米ドル)、200mlのボトルは450円です.

▼セイジは300mlの大きなボトルを購入して地域経済を支援することにしました。

ボトルは下のトレイに落ち、セイジがそれを手に取ると、よく冷やされていました。

側面の宣伝文句によると、タレは鶴橋で手切りとらや福の専門店を10年営む高平烈さん。 その後、ポン酢作りに転向し、鶴橋市内の 4 つの自販機とオンライン限定で 5 年間、ポン酢を販売していました。

誠二は鶴橋に住んでいた頃、一文無しの学生だったのでフグ鍋は食べられなかったが、とらやの話を聞いた記憶がある。 閉店は残念でしたが、お店で食べるソースと同じポンセを購入できて嬉しかったです。

▼何年も近所を離れた後、セイジはついに虎屋の味を知る.

ポン酢は醤油に似た味ですが、柑橘系の果物が加えられているため、通常は心地よい酸味があります. 清治はフグを持っていなかったが、夕食にサラダと豚鍋を持っていたので、どちらもタレをよく食べていた.

ソースは本当に酸味で物事を歌わせました ゆずすだち 柑橘類 さっぱりとした後味のサラダです。 この新しいフレーバーは、鍋の肉の風味も向上させるのに役立ち、それはせいじが今まで味わった中で最高のポン酢でした.

キリッとしたポン酢が好きな方におすすめのポン酢です。 普段はマイルドな味わいのポン酢が好きなせいじさんですが、これを食べてみて、新しい定番になりそうです。

▼謎の「黄金ポン酢」(365ミリリットル1,500円)やキムチポン酢(200ミリリットル450円)も買いに戻ってきます。

それでは次回までお楽しみください 鶴橋の名所と音鶴八ぽん酢の自販機にも注目です。 そして、試すことを忘れないでください あなたがそれをしている間、2フィートの高さのパフェ!

ノート: おおよそブッソン
写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター!

READ  日本の三井物産がMotek電力会社向けのデジタルパフォーマンスサービスを開始