10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の経済大臣は日銀の2%の価格目標を変更する必要はありません


写真

金子香織と田中哲司

東京(ロイター)-日本銀行は2%のインフレ目標を変更する必要はなく、安定した価格で日本が望むコミュニティを構築するのに役立つと述べ、とらえどころのない目標が逆転する可能性があるという憶測を退けた。

政府と中央銀行は2013年1月に共同声明を発表し、日銀は政治的圧力の下でインフレを悪化させることに強い立場をとるために2%のインフレ目標を設定しました。

何年にもわたる金銭の印刷と巨額の財政的費用にもかかわらず、日本はインフレを2%に引き上げるのに苦労しましたが、一部の投資家の間では、政策立案者が共同声明の変更を余儀なくされる可能性があるとの憶測が高まっています。

事実、麻生太郎前財務相は、2014年と2015年に石油価格が下落したときにインフレ目標を引き下げることを提案したと述べた。これが政府がインフレの終結を発表できなかった主な理由の1つであった。

「現時点では、共同声明を変更する必要はありません。

ヤマキバは、内閣府の代表として日銀の政策レビューに出席することができます。 政府の代表者は日銀の決定に投票することはできませんが、意見を表明し、投票を遅らせることはできます。

山川氏は記者団へのインタビューで、2026年度に一次財政黒字を達成するという目標を変更するつもりはないと述べた。

彼は、政府はコロナと一緒に暮らしながら経済がどれだけ成長できるかを評価し、その刺激策と成長戦略に従って日本を拡大の道に導くことを望んでいると述べた。 「財政規律と主要な(予算)バランスの目標は重要です。」

山木和氏は、「増税のために減税を多用し、安定労働者やフリーランサーなど、持続不可能で低賃金の仕事に従事する人々の賃金を引き上げる計画を立てるという話がある」と述べた。

「これを実現するために、経済対策を進め、補正予算にさまざまな項目を織り込みます。また、中産階級の所得者の賃金引き上げなどの長期的な問題にも取り組みます。」

(田中哲司、梶本哲司による報告、トビー・チョプラとヒュー・ローソンによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  米ドルの上昇は、財務省の利回りの上昇に牽引されました