6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の粗製機は懐かしい超小型本を販売しているので試してみました

これからいくつかの小さなフラッシュバックを読んでください 昭和

日本のレトロショー時代(1926-1989)は今でも多くの人にとって懐かしい時代であり、このような場所を説明しています 昭和をテーマにしたカフェ まだ人気があります。 日本の通信員の木下正美が最近の買い物で見たのと同じことがアンティークの装身具にも当てはまります。

これらは本物の本やモデルだけではありません。

非常に小さな本を売る原油機械です と呼ばれる 立派な母 (つまり、「BeanBooks」として翻訳されます)。 これらは1950年代に学生の間で人気があり、バックパックに豆の本のキーホルダーがない学生を見つけるのは難しいでしょう。

சாமிまさみは昭和時代に生まれたので、とても興奮していました。

クイズやファクトブックはたくさんありましたが、すぐに読めました。これらの粗野な豆の本は本当の短編小説です。 それぞれのテーマ」5分で驚くべき結果“、つまり、平均的な日本人が読むのに各ストーリーはたった5分しかかからないと推定されています。

புத்தக本の値段は500円(3.87米ドル)。

マシンの各本は異なるジャンルを表しています:「悪夢」の物語を表す赤、謎を表す青、コメディ(またはおそらく黒のコメディ)を表す黒、悲しみを表す黄色。 マサミは個人的に青い謎の本に興味を持っていたので、運試しに必要な500円を用意しました。

もう良くありません。

しかし、最初に出てきたのは黄色い悲劇でした。 もう一度試して、同じ結果を得ました。

ネタバレ:彼女は青くなりませんでした。

しかし、3回目の試みは? 彼女は黒くなった。 それから彼女は顔を赤らめた。 非常に近いですが、彼女は別の赤を得ました。 総額2500円を費やした後、やめることにした。

それだけでも悲劇です。

写真でわかりますが、それぞれの本のサイズは約5 x 3センチメートル(2 x 1.2インチ)です。 しかし、彼らの最大の魅力は、そのサイズにもかかわらず、フルサイズの本のように見えることです。

▼小さな本のシャツもあります!

マサミが読んでいた本の1つを開いたとき、彼女は何を期待できるかわかりませんでしたが、彼女の最初の考えは

「これらのキャラクターは小さいです…」

彼女はこれを長い間読むために虫眼鏡が必要です。 しばらくすると、彼女の目は彼女が本の1つを読むことができるように十分に調整されました。

これは、ほぼ30分に相当する読み物です。

本のタイトルが約束したように、彼女は本を読み終えることができました 5分以内。 あなたが殺す時間が少しあるとき、彼らは完璧です。 彼の唯一の不満は、これらを購入する昭和の顧客は、何らかの視覚的な援助なしではそれらを読むことができないかもしれないということです。

あなたが欲しい本を手に入れるのにマサミより幸運であるといいのですが。

でも、スマホ時代以前の昭和のポータブルエンターテインメントがお好きなら、全国の店舗でこのマシンを探してみてください!

画像©SoraNews24
SoraNews24の最新の記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  日本の外野手XiaSuzukiがMLBチームに参加可能