4月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の福島原子力発電所の奥深くから撮影された画像は、除染の過酷な規模を示している

日本の福島原子力発電所の奥深くから撮影された画像は、除染の過酷な規模を示している

東京 – 福島原子力発電所のひどく損傷した原子炉の奥深くから小型ドローンで撮影された画像には、ずれた制御装置や変形した物体が示されているが、多くの疑問が未解決のまま残されており、脅威が浮き彫りになっている。 植物の除去

発電所の運営者が公開した12枚の写真には、原子炉の炉心直下の領域が写っており、これは間違いない。 まず、原子炉の主制御容器内の台座と呼ばれる主要な構造支持体の内部から図1に示すものを採取する。 当局は、発電所の冷却システムが損傷した際に、溶けた核燃料の炉心を検査するためにその地域に到着することを長い間望んでいた。 2011 年の大地震と津波

ロボットを使ったこれまでの試みでは、その地域に到達することはできなかった。 東京電力ホールディングス(東京電力)は小型ドローンを使った2日間の調査を先週完了し、月曜日に写真を公開した。

損傷した3基の原子炉内には、約880トンの高放射性溶融核燃料が存在する。 東京電力は、原発の廃炉に向けて撤去を​​容易にするため、その位置と状態についてさらに詳しく調べようとしている。

東京電力ホールディングス(TEPCO)が撮影したこのドローン画像には、機能不全に陥った福島第一原発で最も被害を受けた原子炉である第1号炉内でドローンを支援するために設計されたヘビ型ロボットが写っている。 2024年3月14日、東北地方の大熊市にある原子力発電所。

東京電力(AP経由)


ドローンで撮影された高解像度のカラー画像には、さまざまな形や大きさの茶色の物体が台座上のさまざまな場所からぶら下がっていることが示されています。 核連鎖反応を制御する制御棒駆動機構の一部や炉心に取り付けられたその他の機器が撤去された。

東京電力関係者らは、放射線量などの他のデータを取得しない限り、ぶら下がっている塊が溶けた燃料なのか、溶けた機器なのかを画像から判断することはできないと述べた。 ドローンは軽量で機動性が必要なため、放射線を測定するための線量計を搭載していません。

関係者らによると、制御容器からの暗闇のせいで、ドローンのカメラでは炉心の底が見えなかったという。 この研究から得られた情報は、溶融デブリの今後の研究に役立ち、それを除去する技術やロボットの開発の鍵となると研究者らは述べた。

2024年3月14日に東京電力ホールディングス(TEPCO)が撮影したこのドローン写真には、機能不全に陥った福島第一原子力発電所(東北地方、大熊市)の第1原子炉内の機器と残骸が写っている。

東京電力(AP経由)


しかし、原子炉の内部に関する膨大な未知数は、それがいかに難しいかを示しています。 批評家らは、政府と東京電力が設定した30~40年の原発浄化目標は楽観的すぎると主張している。

脅かされている廃炉プロセスは、技術的な障害とデータ不足により、すでに何年も延期されている。

READ  日本の近藤麻理恵女王は、家をきれいに保つことをあきらめたと言います