12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の福岡4スーパーコンピューターが4位に4位

科学的社会政治


東京、11月。 16(ジジ・プレス)-日本政府関連の調査会社と富士通などの企業との合弁会社である「福奥」スーパーコンピューターは、4年連続で世界ランキング4位を獲得したとリッケン氏は火曜日に語った。

スーパーコンピューターのパフォーマンスは、1秒あたり約442ペタフロップスまたは数千兆の浮動小数点演算です。 富岳TOP500は、産業用、人工知能、ビッグデータ分析のスーパーコンピューターランキングで1位を占めています。

2014年にQスーパーコンピューターの後継として福岡を誕生させる作業が始まりました。

富岳は今年3月に本格稼働を開始し、これまでCOVID-19の治療法の探索、コロナウイルス小説に関連する飛沫の拡散のシミュレーション、突然の豪雨の予測などの目的で使用されてきました。

6月と11月に発表された2年間のTOP500スーパーコンピューターランキングでは、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球シミュレーターが2002年6月以来5回連続で1位にランクされています。 Qスーパーコンピューターは、2011年6月と同年11月の2回連続でチャートを上回りました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  日本での元カナダパラリンピックコールも含める必要があります