1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の物価は1981年以来最速で上昇ビジネスと経済

世界第 3 位の経済大国の消費者物価は 12 月に 4% 上昇しました。

日本の物価は 12 月に過去 40 年以上で最速のペースで上昇し、日本の中央銀行が最終的に超低金利から脱却するのではないかという期待が高まりました。

世界第 3 位の経済大国の消費者物価は前年比​​ 4% 上昇し、1981 年以来の急激な上昇であることが、金曜日の政府データによって示されました。

価格の伸びは、11 月の 3.7% 上昇と比較して、40 年ぶりの高値を記録しました。

インフレ率の数値は、日本銀行 (BOJ) がその超緩和的な金融政策から逸脱しないことを決定した数日後にもたらされ、金利上昇への国際的な傾向に逆行しました。

日本は 1990 年代以降、低迷するインフレとデフレの時期を交互に繰り返してきたため、政策立案者は低金利に依存して成長を加速させています。

日本のインフレ率は米国や英国などの国を下回っていますが、日銀の長期目標である約 2% を上回っています。

アナリストは、日銀が金利をすぐに引き上げることができるかどうかについて意見が分かれています。なぜなら、日本のインフレは、広範な価格上昇ではなく、12 月に 15.2% 上昇したエネルギー価格の上昇によって主に引き起こされているからです。

4月に任期が終わる日銀の黒田東彦総裁は、賃金がさらに上昇するまで金融引き締めを維持したいと述べている。

カジュアルウェア大手のユニクロの親会社を含むいくつかの日本企業は、物価の上昇と人手不足の悪化の中で、賃上げの計画を発表しました。

木曜日のロイターの世論調査によると、日本の大企業の半数以上が今年賃上げを計画していると答えたが、日本人労働者の過半数を雇用している中小企業は賃上げに余裕がないように見える。

READ  日本庭園はこの瞬間を語る