8月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の火山が噴火:「最大警報」が発令されて市民が避難

日本の西部の九州で火山が噴火した後、何百人もの人々が避難しました。 気象庁によると、桜島は日曜日の午後8時5分(グリニッジ標準時午前11時5分)に噴火し始めた。

公共放送NHKは、溶岩石が火山から約2.5 km(1.5マイル)落下していると報告しました。 爆発警報レベルは最高レベルの5に引き上げられ、一部の地域は避難するようにアドバイスされていると付け加えた。

桜島は日本で最も活火山の1つであり、噴火はさまざまな段階で頻繁に発生します。 2019年には、5.5 km(3.4マイル)の高さの灰を噴出しました。

気象庁はレベル5の警告を発しました

(ロイター)

日曜日の噴火のビデオ映像では、火山の片側に赤い塊が降り注いでおり、赤い発射体が発射され、暗闇では見えにくい煙が渦巻いていました。

鹿児島市の大部分は火山の向かいにありますが、火口から約3 km(1.9マイル)の住宅地に避難を命じられる可能性があるとNHKは述べています。

岸田文雄首相官邸の関係者は、状況に関する情報を収集しているが、これまでのところ、噴火後の生命を守るための措置を講じるよう政府に助言している。

日本の原子力規制委員会は、桜島近くの仙台原子力発電所で異常が検出されていないことを確認しました。

READ  日本のクジラの街は400年の伝統を守るために奮闘しています| 日本