6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の演劇におけるパレスチナ闘争

日本の演劇におけるパレスチナ闘争

活動と芸術の交差点で、パレスチナ捕虜を描いたイスラエルの劇作家の作品が昨年東京で実現した。 現在、これらの活気に満ちたパフォーマンスの記録は日本中のコミュニティスペースを巡り、目に見えない人生に光を当てています。

このキャストは、ユダヤ系イスラエル人の劇作家エイナド・ワイズマンの戯曲『占領軍の捕虜』と『私、ダレン・D・ジョン』を演じたほとんどが日本人キャストだ。 昨年2月、東京で。

制作の録画は現在、日本中の地元のイベント会場や社交スペースで上映されています。

パレスチナ人の政治犯たちと協力して劇を書いてきたワイズマン氏は、彼のグループがどのようにして演劇に活動をもたらすかについてNHKワールドに語った。

「占領軍捕虜」の見えない生活。

「侵略の囚人」は、囚人がどのように非人道的に扱われるかを調査します。 若い男が逮捕され、嘘を自白するまで終わりのない尋問と拷問に耐えることを強いられる。

オリジナル版は、ワイツマン監督が2年をかけて上演を説得した後、2019年にイスラエルで初演された。 この作品は当初、イスラエル政府によって「テロリストを賛美する」作品として禁止されていた。

占拠の囚人 (2019)

イスラエル刑務所庁によると、イスラエルの刑務所にいるパレスチナ人の数は子供を含めて9,000人である。 ワイズマン氏は、捕虜に対する態度は現在の出来事、つまり10月7日のハマスによる攻撃後のイスラエルによるガザ攻撃によって形作られたと語る。

「平均的なイスラエル人にとって、捕虜は全員テロリストであり、共感の余地はない。今ではパレスチナ人捕虜は隠されていない。今、イスラエルは非常識な状況を誇りに思っている。イスラエルが自らの犯罪を公然と堂々と見せているようなものだ。私はパレスチナ人に対してそうしている」人々よ」と彼は言う。

エイナド・ヴァイスマン、劇作家、劇場監督

抵抗としての演劇

ワイズマンはかつてイスラエルで人気の俳優でした。 しかし2014年、「自由パレスチナ」のTシャツを着た古い写真がネット上に再浮上し、彼のキャリアは一変した。 彼は脅迫され、虐待された経験があり、その経験が彼を劇作家としての異なる創造的な道へと導きました。

彼の作品は彼の活動と密接に結びついています。 「私は今声を上げなければなりません。パレスチナの人々のために声を上げずにここに住むことはできません。私は耳を傾けてもらえない物語のために声を上げなければなりません、そして私にはここでの特権があるので、パレスチナ人ができないことをすることができます。」て。」

「占領者の囚人」には、政治犯からワイツマンに宛てた手紙が含まれている。 彼の特派員の一人は、38年間を刑務所で過ごし、パレスチナ人から英雄として尊敬されているワリド・ダッカだった。 彼は必要ながん治療が奏功せず、4月に亡くなった。 彼の遺体はまだ解放されていない。

ステージ上のカマル・エル・パシャ

舞台『捕虜たち』東京公演 (c)シアターオフィス名取
ダッカ役は元政治犯のパレスチナ人俳優カマル・エル・パシャが東京で演じた。 エル・パシャさんは、投獄中に感じた怒りを今でも抑えるのに苦労しているという。

「すべてのパレスチナ人が今、自分自身をコントロールしようとしている時期にあると思います」と、イスラエルの演劇で唯一ワイツマンと共演したエル・パシャは言う。

同劇作家は「自分のやっていることに対して非常に真剣」であり、「常にパレスチナ人の権利を支持してきた」と述べた。

女の闘い

『占領者の囚人』に取り組んでいる間、ワイズマンはパレスチナの詩人と重要な出会いを果たした。 ダレン・ダトゥールは、彼の作品『抵抗せよ、我が人民よ、抵抗せよ』がテロリズムを支援しているとみなされて投獄された。

ワイズマンとタトゥール

ドラマ「私、ダレン・T」 彼らの関係がどのように発展したかを振り返ります。 この作品は、刑務所で彼が書いた詩を通してタトゥールの痛みを反映しています。

注: 刑務所の壁の凹みは、囚人の背中を折るためではなく、囚人にもたれかかるように設計されています。 憧れの叫び声が刑務所を満たし、唯一の目撃者は壁だ。

『I, Darren T.』東京公演 (c)シアターオフィス名取

オリジナル作品ではワイズマン自身がタトゥーを演じた。 「ダリーンを通して、私は闘争における女性の役割を理解しました。何度かミーティングを行った後、これこそが物語であることに気づきました。ダリーンは私が語るべき物語であり、彼女の戯曲は『プリズナーズ・オブ・オキュパイ』よりも前に発表されました。」ワイズマンは言う。

「私はダレン・Tです。」 オリジナル劇

作品の日本向け翻案

この 2 つの劇の日本版は、刑務所の壁を越えてパレスチナ問題を説明するために歴史解説とコントを使用しているという点でユニークです。

日本の作品には、イスラエルとヨルダン川西岸でのチームの経験が反映されています。
『占領軍捕虜』東京編 (c)シアターオフィス名取

日本の制作チームは東京で舞台を上演する前に、イスラエルとヨルダン川西岸で1週間を過ごした。 彼らはパレスチナ人が住んでいる地域で公共サービスがいかに不十分であるかを見せられ、ワイツマン氏とエル・パシャ氏のワークショップセッションに参加した。

日本の演劇監督の生田みゆきは、観客の理解を高めるために演劇を翻案するのが好きだと語る。

「もちろん、日本の俳優たちからはイスラエルの視点を入れないことについて懸念がありました。個人的にはそれが良いアイデアだと思いましたが…パレスチナで起こっていることが人権を尊重しているとは言いがたいので、それは問題ではありません。どちらにしても、ここで違反が起こっているという事実を伝えたかったのです。

生田みゆき ドラマ監督

信仰と許し

ワイズマンは今もより良い時代を楽しみにしている:「私は今でも物事は変わると信じているし、物事は変わらなければならないと思っている。このようにして、私はより良い場所、(誰もが)安心できる場所を作るためにできる限りのことをするつもりだ」完全に平等に共存しています。」

紛争に巻き込まれた人々は、「社会を修復し、共に生きる」という目的を持って「許しに心を開く」ことができる、と彼は言う。

READ  鳥と政治的禁止 - The Modern Tokyo Times