7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の消費者物価は2年近く見られないペースで上昇している

コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生後、2020年3月27日、日本の東京のスーパーマーケットで安全マスクを着用した店主が発見されました。 ロイター/加藤一世/ファイル写真GLOBALBUSINESS WEEK AHEAD

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

  • 11月全国の主要CPIはf’cast + 0.4%に対して0.5%上昇
  • 燃料価格の上昇による利益も食料価格を押し上げる
  • 携帯電話の関税引き下げの影響を除くと、コアCPIはすでに1%を超えています
  • 日銀がインフレを目標から遠ざける

東京、12月24日(ロイター)-2年近く上昇している日本の11月の消費者インフレは、前年比で急激に上昇するように設定されており、世界的な商品価格の上昇が大幅に低下していることを示しています。

しかし、インフレ率は依然として中央銀行の目標である2%からは程遠いため、アナリストは、この上昇によって日本銀行(日銀)がいつでも金融刺激策を撤回することはないと述べています。

金曜日に発表されたデータは、すでに弱い住宅支出と日本の弱い景気回復に影響を与えることなく、生活費の上昇を抑えるという政策立案者が直面している新たな課題を浮き彫りにしている。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

黒田東彦日銀総裁は、輸入品の値上げは、円安の家族にとってこれまで以上に苦痛をもたらす可能性があると述べた。 続きを読む

みずほ証券のチーフマーケットエコノミスト、上野靖成氏は次のように述べています。

揮発性生鮮食品を除く日本の主要消費者物価指数(CPI)は、11月の石油コストが前年比0.5%増の0.5%上昇し、政府のデータは平均市場予測を0.4%上回っています。

これは2020年2月以来最大の増加であり、10月には0.1%の増加が続きます。

利益は、エネルギーコストの15.6%の増加によって促進されました。 食料費も1.4%上昇しました。これは、賃金の伸びが鈍化したにもかかわらず、家計が食料品のコストの上昇に直面していることを示しています。

アナリストによると、主要な消費者インフレ率はすでに1%を超えており、今年の携帯電話料金の引き下げの影響がなくなり、指数が1.5%低下する可能性があります。

キャピタル・エコノミクスの日本のエコノミスト、トム・リアマス氏は、「コモディティインフレがさらに上昇し、携帯電話の綱引きが年次比較から外れるため、コアインフレは来年+ 1.0%でピークに達すると予想している」と述べた。

日本は依然として世界的な商品インフレから回復しており、11月の卸売価格は前年比9.0%上昇しています。

しかし、企業はコストを消費者に転嫁することを警戒しているため、主要な消費者インフレはほぼゼロです。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

和田隆彦と木原ライカによる報告。 MuralikumarAnandaramanの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本人は東京の熱波の真っ只中にエネルギーを節約するために電気を消すように私たちに言いました| 日本