7月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の沖合で海底火山が噴火した後、海から新しい島が現れた

日本の沖合で海底火山が噴火した後、海から新しい島が現れた

火山の火口近くの海中に新しい島ができた。

海底火山の噴火により、日本の沖合に新しい島が誕生しました。 この島は、東京から約1,000キロ南の太平洋にある小笠原諸島に位置しています。 朝日新聞。 それは、11月1日に硫黄島(硫黄島とも呼ばれる)にある海上自衛隊航空基地を引用した。 新しい島は11月1日に出現しました。 硫黄島は第二次世界大戦の大きな戦いの場でした。

硫黄島の乗組員は、新しい島が作られるときに砂が空中に舞い上がる大きな音を聞いた。

気象庁(JMA)は10月21日以来、イヴォト島で数分おきに揺れを検知しており、その後火山の噴火が報告されている。 朝日新聞 報告書にはこう書かれていた

火山の火口近くの海中に新しい島ができた。

気象庁関係者は「海底のクレーターから噴出した大量の岩石が堆積して島が形成された可能性がある」と語った。

過去にもこの地域には新しい島が出現していましたが、厳しい海の状況のた​​め、数か月以内にすべてが水没してしまいました。

この島は1986年以来、この地域で初めての島となる。

火山の噴火は続いており、当局はこの地域での煙と大量の降灰について警告している。

ガーディアン紙の報道によると、今年初め、デジタルマッピングにより日本周辺で約7,000の新たな島が発見されたという。 これらの島々は、日本の国土地理院が35年ぶりに調査を実施した後に発見された。

しかし、日本の37,000平方キロメートルの地域には影響がありませんでした。

READ  北朝鮮は「さらに2発の弾道ミサイルを発射した」| 世界のニュース