8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の検察官は、オリンピックスポンサーのエグゼクティブメディアへの支払いを調査します

概観は、2020年12月16日に日本の東京にある日本の小売業者AokiHoldingsの店舗を示しています。 ロイター/加藤一世

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、7月20日(ロイター)-東京の検察官は、オリンピックのスポンサーである衣料品小売業者のAOKIホールディングスから、東京2020組織委員会の元実行委員会メンバーが経営する会社への支払いを調査している。

読売新聞は、2017年から2021年にかけて高橋晴幸氏が経営する会社に少なくとも4500万円(325,544ドル)が支払われ、公務員の職務に関連した支払いを禁止する法律に違反しているかどうかを調査中であると付け加えた。

組織委員会の委員は準民間人として扱われた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ロイターは、広告大手の電通の元幹部である高橋の連絡先を特定できなかった。

しかし、高橋氏は日経新聞社から、彼の会社が青木にスポーツ関連のアドバイスを提供するための料金を受け取ったと述べたと毎日引用された。 彼は新聞に、取締役会のメンバーとして、公式に認可された製品の販売を含む、誰かの経済的利益に関係する問題には関与していなかったと語った。

東京都検察庁は、個別の事件についてはコメントしないと述べた。

青木氏は、マスコミ報道は同社が発表したものに基づくものではないと述べ、コメントを控えた。

東京大会の「オフィシャルスポンサー」として、AOKIはレフリーのユニフォームを提供し、オリンピックのシンボルが入ったジャケットなどのライセンス製品を販売しました。

ロイターは2020年3月に、高橋が2013年と2014年の非公開活動に対して東京オリンピック入札委員会から800万ドル以上を支払われたと報告した。 当時、彼はロイターに、彼の仕事には国際オリンピック委員会のロビー活動が含まれており、受け取ったお金やお金の使い方について不適切なことは何もないと語った。

2020年後半、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ委員長は、支払いによってIOC規則に違反することはないと述べました。 ($ 1 = 138.23円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

竹中清による報告; NeilFullickによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  Huawei素晴らしい感謝祭の取引