10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の株式はウォール街のロックを監視し、テクノロジーは米国の利上げの恐れを軽減します

東京(ロイター)-ウォール街での10月12日の弱い終わりをめぐる3回のセッションの反発の後、火曜日に日本の株は下落し、米国の金利に対する懸念が大型ハイテク株の売り上げを押し上げた。

日経平均株価は28,268.11で0.81%下落して0215 GMTになり、より広い東証株価指数は0.65%下落して1,983.59になります。

SBI債の投資調査担当ゼネラルマネージャーである鈴木英之氏は、「ウォール街の低迷は日本の株を押し下げたが、今日の下落は過去数回の強い反発に対する反応だったと思う」と述べた。

「投資家は、金利が高くなると成長株が売り切れ、日本のテクノロジー株が下落するため、米国の金利上昇をリスク要因と見なした。」

月曜日の米国株式は、投資家が第3四半期の決算報告シーズンを前に緊張していたため、値を下げて取引を終えた。 米国の債券市場は月曜日の休日のため閉鎖された。

日本では、火曜日にハイテクの大物が日経から撤退し、初期投資家のソフトバンクグループが2.6%、ロボットメーカーのファナックが1.62%、医療機器メーカーのテルモが1.65%下落した。

小売業者と航空会社はそれぞれ1.61%と1.62%を失いましたが、株式市場のシェアは経済の再開を期待して最近下落しました。

各決算期の業績を発表した最初の安川電機は、金曜日に利益率を拡大し、損失を3.06%に拡大した。

石油アナリストのインペックスは、石油価格の上昇の中で0.41%上昇しました。

エノスホールディングスは、日本最大の製油所が低炭素事業を拡大するために太陽光発電所のオペレーターである日本から18億ドル相当の再生可能エネルギーを取得した後、1.51%前進しました。 (藤田淳子による報告、Supranshu Sahuによる編集)

READ  日本は水素の超大国になりたい