5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の東京は、近所の放送局の半緊急事態に重きを置いています

東京、1月17日(ロイター)-日本政府は、COVID-19感染の増加を抑えるために、今週、首都東京とその周辺地域に準緊急事態を課すことを検討している、と放送局FNNは月曜日に報じた。

過去2日間に全国で新たな感染数が25,000を超えた後、伝染性の高いOmigran変異体が、コロナウイルスの症例を復活させています。

小池百合子東京都知事は先週、小池百合子の患者専用ベッドの使用率が20%に上昇した場合、半緊急などの措置を要求すると述べた。 日曜日の数字は19.3%でした。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

FNNは、政府が検討している措置は東京を除く9つの州すべてを対象とすると報告している。

この動きは、オミクロンの基地爆発が周囲のコミュニティに広がったように見えた後、今月、米軍施設を提供する3つの地域での制限に続くものです。 これらの活動には、レストランやバーの短い営業時間が含まれます。 続きを読む

しかし、公衆衛生の専門家である渋谷健二氏は、日本が流行全体を通じてこの措置を繰り返し使用したため、人々の行動を変える緊急通知の有効性は低下したと述べた。

日本北部で予防接種の取り組みを調整している渋谷は、「オミグランはどのコミュニティにとっても最も重要なテストケースです」と述べ、当局は社会経済活動を追求しながら病気をよりよく管理する方法を見つける必要があると付け加えました。

彼は、現在の重要な目標は、オミグロン感染症が入院するのを防ぎ、ブースターショットを促進し、検査と経口治療を提供することであると付け加えました。

昨年、日本の各地で続いていたさまざまなレベルの緊急事態は、9月末までに解除されました。

小池氏は先週、東京の病床の占有率が中途半端になったら、完全な緊急通知が呼び出されると述べた。

首都はコロナウイルス治療のために約6,900床を確保しており、この地域には合計約128,000床があります。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

村上さくらとロッキー・スウィフトによる報告。 キム・ゴギルとクラレンス・フェルナンデスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  「甥姪は日本に誘拐されましたが、私は家族を再会させようと決心しています」