12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の日経平均株価は 27,000 を割り込んで取引を終えた

[東京 21日 ロイター] – 米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げが景気後退を引き起こす可能性があるとの懸念から、日本の日経平均株価は金曜日に2万7000を大幅に下回って取引を終えた。

しかし、フィラデルフィアSEセミコンダクター指数が上昇する中、チップ関連株が大幅に上昇し、IBMと国内のチップ機器サプライヤーであるDISCO Corp.からの好調な収益により、損失は最小限に抑えられました.

日経平均株価は 0.43% 安の 26,890.58 で取引を終えました。 指数の 225 の構成要素のうち、186 が下落し、35 が上昇し、4 が変わらずでした。

より広範なトピックは 0.71% 減少して 1,881.98 になりました。

今週、日経は0.74%下落し、TOPIXは0.85%下落した。

レートに敏感な不動産は、金曜日の日経平均で最もパフォーマンスの低いセクターで、1.67% 下落し、続いて公益事業が 1.26% 下落しました。

エネルギーは、0.03% の上昇を管理し、頭を水面より上に保つ唯一のセクターでした。

テクノロジーセクターが下落した一方で、チップ関連株は上昇し、東京エレクトロンは 4.6% 上昇し、日経の最高のパフォーマーとなりました。 ベア アドバンテストは 1.86% 上昇しました。

ナイキ以外のディスコは7.9%上昇した。

投資家は現在、300社以上の企業が結果を報告する予定である来週の日本の収益と、来週の金曜日の日本銀行の政策会議に期待しています。

日本の中央銀行は、円が 1 ドル 150 円を超えて 32 年ぶりの高水準にまで下落したにもかかわらず、国内の利回りを抑えるために 2 日目の緊急国債購入を発表することで、景気刺激策へのコミットメントを表明しました。

SBIアセットマネジメントのファンドマネジャー、関邦人氏は「投資家心理が悪化する中、輸出業者の調達コスト上昇など、円安のマイナス効果に注目が集まりそうだ。

ただ、決算シーズンが始まるまで株価の動きは抑えられると付け加えた。 (Kevin Buckland による報告、Tokyo Market Group による追加報告、Rashmi Ich による編集)

READ  在庫の過剰な水、インフレに対するドルの上昇は安全な避難所を心配している