5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の新築住宅は3年ぶりに増加し始める

4月28日、 国土交通省 (MLIT)は、2021年の住宅着工に関する統計調査を発表しました。

この記事の最後に日本のオリジナルデータが添付されています。

2021年の新築住宅数は865,909戸で、前年比6.6%増と3年ぶりの増加となった。

新築住宅の面積は3年ぶりに7,161万1千平方メートルに拡大し、前年比7.3%増となった。

用途にもよりますが、カスタム住宅のスタートアップは3年ぶりに281,279戸(年間6.9%増)に増加しました。

賃貸住宅は5年ぶりに337,752戸増加しました(前年比9.2%増)。

住宅総販売戸数は、3年ぶりに248,384戸(前年同月比3.9%増)増加しました。

総住宅販売は5.0%減の102,762戸、個人住宅は11.4%増の144,124戸でした。

なぜ住宅を始めることが重要なのですか?

新興企業は、経済全体の健全性のバロメーターです。 それが上昇し始めた場合、開発者とその銀行家は家やアパートを建てるのに十分な自信を持っており、プロセスの反対側に買い手がいると想定しています。

あるいは、住宅が衰退し始めた場合、それは通常、反対と解釈されます。 この場合、銀行は開発者への融資に消極的であり、建設プロジェクトを開始する能力を妨げ、状況が改善するのを待ちます。

建設には意味のある決定を下すのに1年以上かかる可能性があり、完成したユニットの最低販売価格の見積もりが達成可能かどうかは短期および中期の経済情勢を反映しているため、この特定の措置は重要です。

続きを読む

MLIT2021全国住宅結果発表 (日本語のみ、2022年4月)

READ  流行が激化する中、日本の毎日の政府-19件は新記録を樹立しました