12月 5, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の新しい経済大臣は、企業に賃金をさらに引き上げるよう呼びかけた

藤川めぐみ

日本の新経済大臣は、来春の年次賃金交渉に先立って、より高い賃金の引き上げを検討するよう企業に呼びかけた。

「物価上昇を十分に相殺できる持続可能な賃金上昇を実現することが非常に重要だ」と江藤茂行氏は水曜日のウォール・ストリート・ジャーナルや他の出版物とのパネルインタビューで語った。

「国際的な原材料価格の上昇と円安による輸入コストが実質所得の低下に寄与しているため、消費への懸念が高まっていることを理解しています」と彼は付け加えた.

日本の企業と労働組合は、毎年4月初旬までに年次賃金交渉を行います。 厚生労働省の最新のデータによると、インフレ調整後の実質賃金は 9 月に 1.3% 低下しました。

日本の消費者インフレ率は、主にエネルギー価格の上昇により 3% に達しました。 日本銀行は、インフレ率が来年の目標である 2% を下回ると予想しているため、超緩和的な金融政策を維持する予定です。

10 月下旬、岸田文夫首相は、物価上昇の影響を緩和するために 39 兆円 (2680 億ドル) 相当の新しい経済対策を発表しました。 これらには、家庭用電気料金のサポート、ガソリン価格を下げるための石油卸売業者への補助金の拡大、および企業が賃金を上げるためのインセンティブが含まれます。

氏後藤は言った。 円安のおかげで日本に製造拠点を建設する費用が安くなったため、これにはより多くの投資を呼び込むことも含まれると彼は述べた。

連邦準備制度理事会が上昇するインフレに対抗するために金利を急速に引き上げたため、日本と米国の間の金利差が拡大したため、円は今年、ドルに対して 25% 以上下落しました。

山極大四郎氏は、7月の安倍晋三元首相の暗殺以来、監視下に置かれている統一教会とのつながりについて世間の批判が高まる中、前任者の山極大四郎氏が辞任した後、10月下旬に辞任した。 この事件の容疑者は、教会を標的にしたいと言い、安倍氏が何か関係があると信じている.

藤川めぐみまで、mugumi.fujikawa@dowjones.com までご連絡ください。

READ  日本の消費者物価は2年近く見られないペースで上昇している