5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の政治家が核兵器所持の禁止を終わらせようとするため、広島の生存者は撤退する

「議論は避けてはなりません。 国民と国を守りたいのなら、議論を恥じてはならない」と自民党総委員会の福田達夫委員長は語った。

党の同等のタカ政策リーダーであるセイン・タカイチ氏は、「国民の安全が危機に瀕しているとき、例外を設けるかどうかについての議論は抑制されるべきではない」と付け加えた。

議論の緊急性に加えて、地域の状況があります。

北朝鮮は今年これまでにミサイルを発射しており、核開発計画を再開する兆しを見せている。 今週、米国は、「深刻な拡大」である、平壌での新しい大陸間弾道ミサイルシステムをテストしていると述べた。 もう一つの核保有国である中国は、台湾を併合する意図をさらに明確にしました。

先月のモスクワのウクライナ侵攻とその後の核兵器使用の可能性の示唆は、日本が遅れをとっているという懸念を引き起こした。

条約を無視する国

元在米日本大使の加藤亮三氏も討論に参加し、東京の核不拡散条約への忠誠心も議論に加わった。 北朝鮮、インド、パキスタン、イスラエル、イランは、事実上この合意を無視しています。

「真の抵抗には防御的な攻撃力が必要だ」と彼は産経新聞の記事に書いた。 「日本が必要としているのは、日米同盟の下で米国が提供する自国の防衛と封鎖の合流点である。この文脈において、現実は同じままである。核抑止は最後の手段である。

世論調査は、日本人の80パーセント以上が核兵器に反対していることを示し続けています。 日本は独自の核抑止力を獲得すべきだと考える人もいますが、一部のアナリストはそれが変化していると見ています。

福井県立大学国際関係学教授の島田陽一氏は、「日本の世論に大きな変化を感じている」と語った。

英国の同様の禁止

島田さんは安倍さんから応援のメッセージをもらったそうです 彼は、英国のように日本が核障壁を構築すべきだと提案する記事を書いた。:原子力潜水艦の艦隊は常に海上にあり、攻撃に対応する準備ができています。

「国として、私たちはこの対話をする必要があります」と島田氏は言いました。 「安倍首相は『ニュークリア・シェアリング』の問題を提起した。日本の歴史上、一般の人々が核兵器を検討することは非常に難しいが、これはその方向への第一歩である。」

「プーチン氏はこれについて現実から切り離されていたかもしれないが、G。 [Jinping] 中国と北朝鮮の独裁者キム [Jong-un] 私たちはウクライナで何が起こっているかを非常に注意深く見守っています」と彼は付け加えました。 「それは、日本が世界で最も危険な地域にあることを意味します。」

READ  日本の7月の鉄鋼生産は、需要の回復を反映して32.5%増加しました。