12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の政府事件は夏のピーク後に急激に減少しています

8月中旬の時点で、日本では毎日2万件以上のコロナウイルスが報告されており、そのピークは流​​行の時期です。 水曜日に、それは全国的にたった310を報告しました。

対象となる人口の約70%が完全にワクチン接種されており、政府は水曜日に発表し、国の生活は慎重な楽観主義と激しい不安から正常に戻った。 東京は、地下鉄、街路、ショッピングアーケードが再び人でにぎわうなど、日常生活のほとんどすべての制限を取り除きました。 市は1週間以上毎日50件未満の症例を報告しています。

日本の専門家は、症例の急激な減少の原因を知りませんが、高いワクチンレベルと遍在するマスクがウイルスを湾岸に留める上で最も重要な要因であることを認めています。

政府の専門家は水曜日に記者団にコメントし、寒さ、効果的な検査方法、最近の症例増加時の警戒心などの他の要因が症例の突然の減少に寄与した可能性があると述べた。

彼らは、ウイルスの無症候性の症例も減少していると述べた。

ただし、この国のテストレベルは、対応する国よりも大幅に低く、ケースの報告が少ないことを意味します。 ピーク時には、日本は1日に約27万回のテストしか行っていませんでした。

他の国とは異なり、日本は人々の行動に拘束されたり、強制的な制限を課されたりしたことはありません。 代わりに、政府は国を国家緊急事態に陥らせ、当局は自発的に企業に時間を短縮するよう呼びかけ、市民に外で過ごす時間を減らすよう促した。

それにもかかわらず、国内でのエピデミックの発生率は比較的低く、8月下旬に約23,000に上昇し、その後急速に減少します。 日本の総死者数は18,200人を超えています。

政府の専門家は、現在の流行レベルが低いにもかかわらず、より多くの活動が家に移動するにつれて、冬の事件で国が新たな急増を経験する可能性があると警告しています。 準備として、当局は、検査へのアクセスを容易にし、コロナウイルス患者が利用できる病床の数を増やすと述べています。

宇野久子 寄稿レポート。

READ  日本初のデュアルフューエル水素ボートが完成