10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の政府の事件は不思議なことに崩壊しており、科学者たちはその理由についていくつかの理論を持っています

政府-日本で19件 他のアジア諸国が感染率の上昇と戦っているとき、それは不思議なことにほぼ1年で最低レベルに落ちました。

東京の新しい毎日の症例は月曜日に87に減少し、2020年11月2日以来の最低数であり、国内で最も致命的な8月の波の間に1日5,000を超えました。

この傾向は全国で見られ、平均して毎日新しい数があります 感染は8,000未満に減少します 過去3週間で。 しかし、その背後にある理由は、専門家を分離することです。

エディンバラ大学の疫学教授であるマーク・ウールハウス氏は、この減少はおそらく、日本の8月の波の背後にある原因であるデルタバリアントが「人口を急速に移動した」ためだと述べた。

「デルタバリアントのスパイクは鋭い。それらは速く上昇し、速く下降する」と彼は言った。

彼は、ワクチン接種と緊急事態に関連する最近の制限まで、ほとんどの場合、症例の減少を維持しました。 他の人は、休暇中の旅行者が少なく、現在日本で社交をしている人々の流れの変化により、夏の増加は終わったと言います。

別の考え方では、ウイルスは特定の年齢層によって引き起こされる悪循環で発生します。

ワクチンとコントロール

日本のワクチン 当初は英国や他のG7諸国に比べて遅かった。 主要な医療従事者は2月17日に逮捕されたが、高齢者の釈放は4月19日まで開始されなかった。

英国では、最初のワクチン接種は2020年12月8日に行われ、最初のワクチン接種はクリスマスイブまでに約800.00人に行われました。

しかし、日本は加速し、現在1億5800万人以上の線量を投与しており、12歳の人口の63.5%と双子の人口の57%を占めています。

さらに、日本人居住者は6か月近くの緊急規制に耐えてきたため、Kovit-19の普及を妨げる可能性がありました。

ウォハウス教授は、「これらの措置は、症例を減らすように設計されているので、成功した」と述べた。

症例数の減少は「特に驚き」ではないが、症例数は「急速に」減少したと彼は述べた。

「私たちは、デルタの最初の波でインドを襲った同じキャラクターを最初に見ました。それは非常に速く上昇し、非常に速く下降しました。」

ウールハウス教授は、デルタバリアントは「生成時間」が短い、つまり、影響を受けた人が別の人に感染するのにかかる時間は短いと述べました。

夏休みの流れ

京都大学の西浦博氏は、疫学者であり日本政府の最高顧問であるロイターに、症例数が少ないのは違法行為が原因である可能性があると語った。

「休暇中、私たちはめったに会うことのない人々に会い、活気のある環境で一緒に食事をするかなりの機会があります」と彼は言いました。

彼は、韓国とシンガポールでの最近の波は休暇に関連している可能性があり、西部の冬休みがアジアの休暇シーズンと一致して「夢」につながることを示唆しました。

Kovit-19は冬に増殖する季節性ウイルスとして知られているため、他の専門家はこの理論を信じていない可能性があります。

キングスカレッジの人口健康研究所の元所長である渋谷健二氏はロイター通信に対し、「人の流れ」理論がウイルスを駆り立てる可能性は低いと語った。

日本の予防接種キャンペーンに参加した渋谷さんは、「主に季節性であり、ワクチンとそのウイルス特性のいくつかを知らない」と述べた。

ウールハウス教授は、行動の変化は「完全に」症例を減らすのに役割を果たすが、「他の要因がなければならない」と述べた。

邪悪なサイクル

疫学者のジェイソン・テトロは、ウイルスが悪循環でやってくるという理論の支持者です。

彼はロイターに、ワクチンや感染症のためにその時点で年齢層がどのように免疫を持っているかに応じて、成人グループが活動を続けるための「燃料」になると語った。

「ウイルスを除去せずに、人口の85%が優勢な株から解放されるまで、スパイクが見られ続けます」とカナダの著者Tetroは述べています。 生殖コード

「これがこれらの悪循環から抜け出す唯一の方法です」と彼は付け加えました。

一部の専門家は、Covid-19とその変種は2か月の周期で動作すると主張していますが、Tetroは、周期は「母なる性質」ではなく「人間の性質」の産物であると述べました。

ウォハウス教授は、特定の集団にスパイクが現れるため、この議論は「完全に信じられない」と述べたが、その後、病気は社会の他の部分に広がり、スパイクは一般的な流行曲線に吸収される」。

事件が減少した理由にかかわらず、専門家は、冬が戻る前に日本が行動する時が来たと同意している。

渋谷さんは「一ヶ月」の時間枠があったので、ベッドを守り、予防接種を早めるために、速く動く必要があると言いました。

8月の大流行以来、日本で症例が減少した理由について専門家は同意できない(写真:ゲッティ)

レッスンは 日本から?

比較データはそれを示しています 日本は他のG7諸国よりもエピデミックにうまく対処しましたネガティブな話にもかかわらず、国の主流メディアには頻繁に見出しがあります。

日本の人口は高齢化していますが、それにもかかわらず、一人当たりの死亡率は英国や他のG7諸国よりもはるかに低くなっています。 日本では100万人あたり合計17,421人が死亡し、英国では100万人あたり136,105人が死亡しました。 ジャパンタイムズ

日本は、Kovit-19の早期発見と治療にある程度の成功を収めています。

人口100万人あたり111人の人口を抱える国は、英国の900万人と比較して、個々のCTスキャナーの数が最も多い国です。 CTスキャナーは、covに関連した間質性肺炎の患者を特定できます。

日本は英国よりも体外式膜型抗酸化物質が多い。 ICUで甲状腺腫患者を治療するために使用される場合、生存率は80パーセントです。

日本には英国や他のG7諸国よりも多くの個別の病床がありますが、患者を治療する医師や看護師は少なくなっています。

日本の予防接種の開始が遅れているにもかかわらず、高齢者の90%が2倍になり、英国は83%に遅れをとっています。

READ  日本のIAEAチームは、福島の水放出の生成を支援しています