6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の捕鯨母船のWi-Fi、ドローン、鋭利なナイフ

日本の捕鯨母船のWi-Fi、ドローン、鋭利なナイフ

絵は山崎祐一さん。 小沢治美さんの動画

クジラの形をしたジャケット、シャツとネクタイ、そしてクジラの形をした帽子をかぶった所英樹は、日本の新しい捕鯨「母船」である歓栄丸(スライスブレード、肉屋デッキ、冷凍庫など)を披露している。

「(クジラは)他の魚に餌を与える必要がある海洋生物を食べる。クジラは人間と競争することもある」と捕鯨会社共同捕鯨の所社長は述べ、自然保護活動家たちによって長らく否定されてきた業界の主張を展開した。

「そのため、私たちはクジラを何匹か殺し、生態系のバランスを維持しなければなりません。私たちの仕事、使命は、将来のために豊かな海を守ることです」と彼は語った。 東京のドック。

9,300トンのこの船は今週、西日本から出航したが、最近退役した先代よりも大きく、より良く、より近代的で、乗組員のためのプライベートキャビン、Wi-Fi、採石場を探知するドローンを備えている。

クジラは小さな船で繋がれ、その後死んだ後、寛栄丸に運ばれ、そこで強力なウインチが70トンの死骸をスロープと長さ40メートル(130フィート)の下甲板から引きずり下ろします。

広告 – スクロールして続行してください


中に入ると、労働者は木の棒に取り付けられた長さ30センチメートル(フィート)のナイフを使用してクジラを解体し、動物の総重量の約半分を廃棄物として捨てます。

「彼らは非常に鋭いので注意してください」とチームメンバーが鉄板の包装を開けて見せびらかすと、所氏は言いました。

残りのクジラは処理、梱包され、それぞれ15トン容量の冷凍コンテナ40個に保管され、船が港に戻ったときに日本各地に輸送できるよう準備されています。

広告 – スクロールして続行してください


2019年以前、日本が「科学的」目的で南極と北太平洋でクジラを捕獲していたとき、活動家たちは寛慶丸の先導を積極的に追求していた。

日本は同年、国際捕鯨委員会から脱退し、現在は自国の海域でのみ、いわゆる標準基準に基づいて商業捕鯨を行っている。

今年日本にはブリテナクジラ、ミンククジラ、イワシクジラが約350頭生息しており、政府は「豊富」だとしている。

ブリンドルとコモンミンクは国際自然保護連合のレッドリストに「最も懸念の低い種」として記載されているが、セイは世界的に「絶滅危惧種」に指定されている。

広告 – スクロールして続行してください


日本はシロナガスクジラに次ぐ世界第2位の動物であるナガスクジラの再捕獲を望んでいる。 ナガスクジラはIUCNによって「絶滅危惧種」に指定されています。

東京は、クジラを食べることは日本文化の一部であり、クジラの肉を大量に輸入している資源に乏しい国における「食料安全保障」問題であると主張している。

しかし、捕鯨の消費量は1960年代の200倍に比べ、年間1000トンか2000トンにまで減少している。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


国際動物福祉基金のパトリック・ラメージ氏は、「国民が鯨肉に鼻を向けているにもかかわらず、日本は何十年も捕鯨を正当化するために食品の安全性を偽りの議論をしてきた」と述べた。

自然保護活動家らは、クジラが海洋資源をめぐって人間と競争しているという日本の主張に長年異議を唱え、哺乳類が実際に海の健康を改善し、ひいては魚資源を改善していると主張してきた。

そして、それらは「有害な二酸化炭素を吸収するための巨大な水泳熱帯雨林として機能し、地球規模の二酸化炭素の回収と貯蔵において独特の役割を果たしている」とヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル・オーストラリアのニコラ・ベイノン氏は述べた。

READ  スコットランドと日本をつなぐトマディン蒸溜所は、白川 1958 と共にウィスキーの歴史の一部を再現します