5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の投資会社が「ポイズンピル」保護に圧力をかける

東京に上場しているアジア開発キャピタルは先月、東京のキガイチェサクショウの株式の32%を読織シンボンが率いる新聞社に売却した。

印刷会社になろうとして「ポイズンピル」のセキュリティを破ることができなかった日本の投資会社は、その株式の大部分を損失で売却するか、より多くの価値を破壊するために戦争に従事するしかありませんでした、その最高経営責任者言った。

東京に上場したアジア開発キャピタルは先月32%を売り上げました 東京紀外チーサクショ よみうりしんぼんが率いる新聞社のグループのために、彼は106歳の会社への一方的な入札を効果的に完了しました。

マレーシアのビジネスマンでアジア開発銀行の責任者であるアンセルム・ウォン氏は、「東京キガイの経営陣との戦いを続けると、負けるだろう」と述べた。 「読売が株を買うことを申し出たとき、私たちは選択の余地がないことに気づきました。」

彼のコメントは、昨年の日本企業での激しい法廷闘争の後、国の資本市場で依然として直面している一方的なオークションに対する高い障壁を示しており、そのようなオークションの前例を作った。

ウォン氏は、読売や他の新聞の支持を得られないと信じて、読売の32%の株式購入の申し出を受け入れた。

日本の強力な大判のサポートがなければ、読文は世界最大の新聞の1つであり、東京のキガイの印刷事業は問題に直面する可能性があると彼は述べた。

ヨムリ氏は声明のなかで、売却交渉はアジア開発の要請で開始されたものであり、ヨムリ氏の要請で始まったのではないと述べた。

「明らかに取り返しのつかない」

東京きがいとアジア開発の対立は「明らかに取り返しのつかない」ものであり、新聞社の株式の取得は「状況を正常化し、東京きかい政権を安定させる唯一の方法」であると述べた。

ポイズンピルは、他の株主が会社の新株を取得して弁護士の役割を減らすという敵対的な買収を防ぐために設計された戦術です。

日本の最高裁判所は昨年、東京のキガイへの有毒な錠剤の供給を阻止しようとしたアジア開発に反対する判決を下した。

その結果、アジア開発はその40%の株式を33%未満に減らすか、大幅な希薄化のリスクを冒さなければなりませんでした。 やがて、よむりなどの新聞に売り切れました。

22億円(1900万ドル)の売上高は、アジア開発に16億円、東京ギガイに8%の一時的な損失をもたらしました。

最高裁判所の訴訟は、潜在的な敵対的オークションの法的将来の尺度として投資家によって注意深く観察されました。 世界第3位の経済大国でコーポレートガバナンスが改善されたため、敵対的なオークションは、かつては禁止されていましたが、もう少し一般的になりました。

  • ジョージ・ラッセルによる追加編集のロイター

続きを読む:

Zipは、BNPLのライバルであるSezzle-SMHの4億9,100万ドルの買収を発表しました

CiscoSplungが200億ドルの買収オファーを提供-WSJ

Australia&のAMPがAssetArmの買収提案を確認

ジョージラッセル

ジョージラッセルは、香港を拠点とするフリーライター兼作家です。 彼は1996年からアジアに住んでいます。 彼の作品は、フィナンシャルタイムズ、ウォールストリートジャーナル、ブルームバーグ、ニューヨークポスト、バラエティ、フォーブス、サウスチャイナモーニングポストに掲載されています。 。

READ  日本のJOGMEC、三井物産が西オーストラリアでのCCSの可能性を研究する