7月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の引退したサッカー選手たちは、このゲームが自分たちの若さを保っていると語る

日本の引退したサッカー選手たちは、このゲームが自分たちの若さを保っていると語る

東京 – 夏の東京の街を歩いていると、太陽の下で懸命に働く年配の建設労働者にすぐに出会えるかもしれません。 危険を承知でそのような反発について言及すると、嘲笑されるでしょう。

「濡れた葉っぱしかない家に住むよりは、妻がいたほうがいいです」と、目を輝かせた70代の男性は語った。 私は
かつて60歳で赤いローブを儀式的に与えられ、すぐに墓場まで消えると予想されていた日本の新高齢者は、もはや黙って過ごすことはないだろう。

「70年前のコレクション?」 東京を拠点とする日本ウォッチャーのテリー・ロイド氏は言う。 「彼らを老人と呼ばないほうがいいです。そうしないと、またキレてしまうかもしれません。統計によると、特に70歳から75歳の人々は、運動、旅行、社交にもっと積極的に参加しています。」

現在、日本人は世界で最高の平均寿命を誇っており、新型コロナウイルスの影響で若干の体力の低下が見られるものの、その姿勢は依然として高齢者に影響を及ぼしている。

4月12日に東京で開催されたSFL 80リーグ開幕戦でホワイトベア相手に挨拶するレッドスターズ(写真:キム・ギョンフン/ロイター)

「サッカー・フォー・ライフ・リーグ」(SFL)と呼ばれる3クラブからなる東京シニアサッカー協会は、今年初めに初めて80歳以上の部を導入した。 東京に拠点を置くこの部門には、15 分間の 2 面をプレーする 3 チームに十分な約 40 人が所属しています。 春の最初の試合は成功を収め、9月に試合が再開される予定だ。 東京の多忙な夏から一休みし、リーグの選手の何人かが話をする時間をとった 私は フィットネスの限界を 80 を超えるようにすることについて。

「(63歳で)引退するまでサッカーを始めませんでした。65歳のときにリーグに参加し、70年代にはSFLでプレーし、現在は80年代リーグでプレーしています。自分のゲームが本当に上達していることに気づきました。 「私は年をとった」と、83歳の石田幸三さんは言う。彼は晩年を迎えているが、持久力はかつてないほど低下している、と彼は言う。

東京で行われたSFL(サッカー・フォー・ライフ)80リーグの開幕戦後、ホワイトベアーズのゴールキーパー塩沢慎吾(中央)(93歳)が、日本の習慣である「テミヘ」(儀式的な拍手)に従ってチームメイトと拍手する。  、2023年4月12日。塩沢さんは月に数回トレーニングを行っているが、このスポーツは激しいランニングが必要なため禁煙するきっかけとなり、脊柱管狭窄症の治療を受けた後の早期回復にも役立っている。 "もしサッカーをしていなかったら、私はとっくに死んでいたでしょう。" 彼は言った。 ロイター/キム・ギョンフン検索 "フンサッカー" この話に関しては。 検索 "もっと広い視野で" すべての物語に。
ホワイト・ベアのゴールキーパー、塩沢慎吾選手(93歳、中央)は、日本の習慣である「デミジェ」をチームメイトと真似してリズミカルな拍手をする(写真:キム・ギョンフン/ロイター)

「私は自分が年齢相応であることを誇りに思っています。 私はサッカーへの愛と、家族や趣味などの生活の他の側面のバランスをとるように努めています。 まず最初に言っておきたいのは、それはサッカーだということです!

健康を維持するために、石田さんは定期的にランニングやジョギングをし、自宅でも適度なストレッチ運動を取り入れています。 「年齢を重ねて身体を動かすことについて人々が抱いている最大の誤解は、怪我の心配があるので高齢者は無理をしたほうがいいと考えていることだ。しかし、私が言いたいのは、私たちがお互いを尊重し、年齢に応じた方法でスポーツをすればいいということだ」 、重大な怪我にはつながりません。

70歳以上のリーグでプレー中に心臓発作に見舞われた日のことを思い出しながら、彼は老化した体が外傷を受けやすいことを認めている。

2023年2月8日に東京で開催されるSFL(サッカー・フォー・ライフ)リーグ開幕戦のプレシーズントレーニングマッチの前にストレッチをする82歳の石田剛三さん。 サッカーなどの競技スポーツは、かつては高齢者には立ち入り禁止と考えられていた。 しかし、現在では 65 歳以上の人口が人口の 3 分の 1 近くを占め、比較的健康な高齢者が高齢化の限界を突破しており、それが社会変化につながっており、70 歳以上の高齢者の 5 分の 1 が現在働いています。 政府は高齢者に対し、後で多額の支払いを約束することで年金の受け取りを控えるよう奨励している。 "O-80 カテゴリーの創設は、高齢者が非常に活発に活動できる日本社会を反映していると思います。" SFLリーグ事務局長の伊藤裕氏はこう語った。 ロイター/キム・ギョンフン検索 "フンサッカー" この話に関しては。 検索 "もっと広い視野で" すべての物語に。
2月のプレシーズントレーニングマッチ前にストレッチする石田剛三氏(82歳)(写真:キム・ギョンフン/ロイター)

「基本的にチームメイトが私の命を救ってくれた。 とても焦っていたので、もうサッカーはできないのではないかと思っていました。 でも12年経った今でも元気です!

サッカー日本代表の男女代表チームの医師である土肥美智子医師は次のように述べています。 しかし、特に高齢者にとって、生活の質、自立、共生の面で多くの利点があることは明らかですので、医師として私はお勧めします。

日本の人口高齢化が急速に進み、巨額の医療費に直面する中、保健当局はこの国の高齢者が可能な限り活動することを奨励している。

厚生労働省担当者は「高齢者が健康を維持するには運動が重要だ」と話す。 「高齢者の運動は医療費削減につながるかもしれない。」

このようなアドバイスは、医療専門家の一部がこの国の「元気」であるかのように見せかける、ほとんど見下したような態度を伴うパターナリズム的なものであることがよくあります。 [lively old folk]。

日本サッカーOBクラブのメンバー、メンバーは??? 平均年齢は77.4歳、2023年4月4日、東京での練習試合前に体操をする。 かつてはサッカーなどの競技スポーツはこの国の高齢者には立ち入り禁止と考えられていたが、現在では65歳以上の高齢者が人口の3分の1近くを占め、比較的健康な高齢者が老後の限界を超え、社会変革につながっている。政府が回収を延期しているため、70歳以上の高齢者は現在働いている。 次に、年金はより大きな支払いを約束します。 "O-80 カテゴリーの創設は、高齢者が非常に活発に活動できる日本社会を反映していると思います。" SFLリーグ事務局長の伊藤裕氏はこう語った。 ロイター/キム・ギョンフン検索 "フンサッカー" この話に関しては。 検索 "もっと広い視野で" すべての物語に。
平均年齢77.4歳の日本サッカーOBクラブのメンバーらが4月、東京での練習試合前に練習する(写真:キム・ギョンフン/ロイター)

猪鼻貴之のような選手はこれを避けます。 彼は10月に84歳になるが、怪我にもかかわらず欠場することになる。 「試合中に怪我をすると、医師を含む多くの人が、早く治すべき時だと言う。私はそのアドバイスに従い、再び調子が戻るのを待つ。そうすれば、すぐにピッチに戻ることができる。」

リスクがあるにもかかわらず、楽しみのためにそれを推進したいという衝動は依然として強いです。

「多くの人は、高齢者は怪我や体への負担を避けるためにサッカーのような激しい身体活動を避けるべきだと誤解しています。そして、医師が運動よりも休息を勧めることが多いのも事実です」と、80年代リーグの選手、時谷拓史は言う。

実際、トッジャ医師は、年齢を重ねるにつれ、サッカーが身体的、精神的健康を維持する上で重要な役割を果たしていると語った。
「何としてでもフィールドに戻りたいという願望が、膝関節の関節炎から回復するのに役立ちました。その意欲が私をリハビリに続けさせました。」

しかし、年齢を重ねるにつれてサッカーをするのは困難になる、と彼は付け加えた。 「最も困難な課題は、自分の能力の低下に対するフラストレーションに対処することでした。自分のフィットネスレベルに合わせてプレーする方法を見つけるのは簡単ではありませんでした。

READ  プロキシマー社の日本産サーモンRASはまだ軌道に乗っている