7月 17, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の岸田首相、ウクライナ侵略でロシアを非難。  G20協力の基盤そのものを揺るがすものだと主張

日本の岸田首相、ウクライナ侵略でロシアを非難。 G20協力の基盤そのものを揺るがすものだと主張

岸田氏は「世界が複雑な危機に直面している今日、経済協力の最高のフォーラムとしてのG20での協力がますます重要になっている」と付け加えた。

昨年11月のG20バリ首脳会議で出された宣言は、ロシアのウクライナ侵略を強く非難する一方、大半の加盟国は戦争を強く非難した。

G20ニューデリー首脳らの宣言は「ウクライナ戦争」のみに言及し、「世界中の戦争や紛争による多大な人的苦痛と悪影響に深い懸念を抱いている」と述べた。

また、ウクライナ紛争について「状況については異なる見方や評価があった」という一文もある。

ロシアと中国はバリ宣言のウクライナ紛争に関する2つの条項に合意したが、今年になって撤回し、インドに困難をもたらした。

岸田氏はまた、演説の中で、インドは「自由で開かれたインド太平洋」を実現するという日本の使命において「不可欠なパートナー」であると述べた。

同氏は、ウクライナ問題に関しては、ウクライナ危機が世界経済に与えた深刻な影響に対応する必要性をG20加盟国のほとんどが確認したと述べた。

国連が機能不全の機関であると考えられているためにG20の重要性が高まっているのではないかとの質問について、岸田氏は、G20が国連の機能を代替することはできないと述べた。

「G20は国連の活動に代わることはできませんが、日本は引き続き、非常に重要な役割を果たすG20の枠組みを通じて、また他の枠組みも活用しながら、国際社会が直面する課題に取り組んでいきます」と述べた。 PTI MPB ANB ANB

このレポートは PTI ニュース サービスから自動的に生成されます。 ThePrint はその内容について責任を負いません。

READ  日本はカーボンニュートラルな未来に向けたグリーントランジションに投資